学び
このエントリーをはてなブックマークに追加

それはお金の無駄遣い!TOEICスコアが上がらない残念な人の勉強法


TOEICの点数が何故か伸びない

好きな有名人は?と聞かれたら、ロザン宇治原です。

そう、即答します。

オリラジあっちゃんはあまり好きではない、ケズレンジャーの学び担当、ブルーです。

 

ロザンの宇治原さんは今まで買った参考書で、最後まで解いていないものはないそうです。

さすが京大受験を突破した人は違います。

 

いきなりTOEICの話から脱線しますが、人生なんでもそうですよね。

仕事でも転職を繰り返してるとどんどん条件は悪くなるし、儲け話にすぐ飛びつく人ほど、お金持ちにはなっていなかったり。

結局遠回りに見えても、ひとつのことを集中してやり続けることがゴールへの近道、ということはよくあるように思います。

 

ただ、TOEICの場合はテクニックを要する部分もあるので、やみくもに同じことを繰り返すだけでは結果が出ません。

 

そういう私・ブルーも990点を取るまでにいろんな参考書を買い漁りました。

正直これはがっかりという参考書も買って、浪費した経験も少なくありません。

 

そんな自戒も込めて、私の周りにいるTOEICで点数が伸びない人の傾向と、その解決策をまとめてみました。
なぜ得点が上がらないのかチェック
 

がんばってるのにスコアがびくともしない人の7つの傾向

サボらずに勉強しろよ!

 

1.次から次へと新しい本を買い、ざっと解いては、また次の本を買う

2.いくつかの書籍を何周も何十周も解いてはいるか、ほとんど間違いが減らない

 

この2つは別物に見えて根本は同じです。

  • 自分の弱点を把握していない。
  • そのまま突き進んでいる。
  • 復習なしに次々参考書を買い漁る

同じ問題集を繰り返し解いてるのに点数が伸びないのは、自分のウィークポイントがどこかわかっていないか、問題集のチョイスがよっぽど悪いかどっちかです。

こういった人は立ち止まって、自分がどこが弱いのかを復習をして徹底的に頭に叩き込む、身体で覚えてしまう、ということをお勧めしています。

 

3.TOEIC試験対策本ではなく、海外ドラマを見たり洋書を読む事でTOEICの勉強をした気になっている

 

TOEICスコアがどうしても必要なのに、TOEICからは離れた英語学習をしていると当然上がるものも上がりません。

おそらく、海外ドラマや洋書が好きな方であれば英語自体にアレルギーはないと思います。

なのでTOEIC特化した勉強をすることで、英語が苦手な人より短期間でスコアアップ出来るでしょう。

 

4.英語は単語力だ!と信じて単語の勉強ばかり力を入れている。

 

確かに最後にモノを言うのは語彙力です。

しかし、単語に力を入れていながら600点以下の方はおそらく、文法が出来てないんだと思います。

単語力があればなんとなく文の意味は理解出来る事が多いですね。

でも、TOEICは文法の細かい知識を問う問題も多く見られます。

 

文法が苦手な場合、中学英文法をやり直すという方法もあるかもしれません。

ただ、TOEICが300点未満という超初心者を除いてそれは非効率です。

 

TOEICスコアを挙げたいのであれば、まずは丸暗記でもよいので、TOEICの文法問題に確実に正解出来るように理解しましょう。

理解しづらい部分があったり、知らない文法事項が出てきたら、インターネットで検索してノートに書き留めておきましょう。

昔は分厚い文法書も必要でしたが、今ではネットで調べれば無料で探せます。

 

その都度調べてノートに少し書き留めておくと、自分の中でのTOEIC文法データベースなるものが蓄積されてきます。

TOEICで必要な文法だけを効率的に学習していく方法です。

 

5.英語力を上げる努力をしないでTOEICテクニックだけは他人に語れるほど知っている

TOEICはテクニックだ!とおっしゃっている講師もいます。

テクニックはある程度必要です。

でも、それは950点くらいになって満点を目指すような場合に考えれば良いのです。

TOEICはかなり良く出来た英語のテストです。

なので、やはり英語力をしっかり積み上げる必要があります。

地道にコツコツ単語を覚え、文法を習得し、TOEIC的フレーズを身体で覚えましょう。

テクニックはその次の話です。

 

6.リスニング対策として英語ニュースの聞き流しが効果あると信じている7.TIMEなどの英字新聞を読んだ気になって実はさっぱり理解してない

難易度の高い、英語ニュースを聞いたり読んだり、TOEICはそこまでナチュラルな英語は必要とされていません。

満点ホルダーでもCNNやBBCを聴き取れない人は多いです。

 

今のスコアにもよりますがTOEICのスコアを挙げるだけであれば、英語ニュースを聞いたり読んだりすることは必要ではありません。

もちろん、スコア以外の点で英語力を伸ばすには効果的です。

 

でも、理解していますか?

 

理解していないなら、「The 無駄遣い」です。

聞き流す、読んだ気になる前に、まずは基本的な単語を覚え、文法を理解するべきです。

なんの知識もないまま、ただ、英語の学習をやった気になるだけでは何の効果も得られません。

 

TOEICのスコアを上げるなら、TOEICのpart1,2,3,4の問題音声を聞きましょう。

part5,6,7の英文を読みましょう。

まずは、ここからです。そして、最短のスコアアップにつながります。

TOEICの問題に触れる回数を増やす事でどんな傾向の問題が多いか知らず知らずにわかってきます。

2,3冊を集中的にやり込むのに最適な問題集とその使い方

問題集を使った勉強法

【それぞれのタイプにオススメ図書】(Amazonのサイトにリンクします)

千本ノックTOEIC
TOEIC千本ノックシリーズ(祥伝社)

 

TOEIC超特急

TOEIC特急シリーズ(朝日新聞社)

 

【問題集の使い方】

同じ問題は本番では出ないことがほとんどですが、1センテンス、1フレーズの単位で記憶するようにしていくとリスニングでも同じフレーズが出てきます。

リーディングセクションでもpart5に限らずpart6,7でも同じ表現が使われます。

そのとき暗記するほど覚えているものは瞬時に理解が出来ます。

正確さとスピードが同時に達成出来ます。

覚える方法は、好き嫌いはあるかと思いますが、音読がオススメ。

知らない単語は調べてから、というのが前提条件ですがpart5の1センテンスを20回ほど繰り返し音読し、身体で覚えます。

これを1ヶ月続けて集中してやってみましょう。

特急シリーズ、千本ノックを3冊程度暗記するくらいに覚えるとスコアが急に伸びる事があります。

 

まとめ

TOEICに出る語彙や文法事項は他の英語資格などに比較してかなり限定されています。

990点満点を狙うような方でなければ、短期間でお金をあまりかけずに目標達成出来ます。

600点以下の方はまずは得意を伸ばすことを。600点以上の方は弱点分析とその強化で点数は伸ばすことができます。

苦手な勉強はなかなかはかどりにくいですが、焦らず着実に身につけて下さい。
ウイークポイントの強化でスコアアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

FacebookPage