マネーライフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントカードは使いこなせば節約の強い味方になる!ポイントカードの上手な使い方&管理方法まとめ


誰でも1枚は持っているポイントカード。

そのポイントカードが、お財布の中でパンパンになっていませんか?

しかも、いざポイントカードを使おうと思ったら見つからなくて大慌て…ありがちな失敗ですね。

実はポイントカードって、上手に使いこなせれば節約の強い味方になるのです。ポイントカードの上手な使い方や注意点、管理方法などをまとめました。

 

知ってて当然?ポイントカードのメリットとデメリット。

物事にはなんでも良い面と悪い面がありますね。それはポイントカードも同じです。

ポイントカードのメリットとデメリットを検証します。

 

ポイントカードにはメリットが多い

ひとくちに「ポイントカード」といってもその種類は様々です。

  • 小売店やデパート、ショッピングセンターなどが発行しているポイントカード
  • Tポイントカードなど共通の店舗で使えるポイントカード
  • 電子マネーとして使えるポイントカード

このように多数存在しています。

商品購入時に、金額に応じてポイントが加算されるというシンプルな仕組みも良いですね。

次回買い物をする時に、たまったポイントに応じて値引きが適用されたり、商品が無料になったり。

こんな便利なサービスが受けられるポイントカードを使わない手はありません。

ポイントカードを上手に使えば節約にもつながりますが、その反面いくつかデメリットもあります。

 

反面デメリットもある!

こんな便利なポイントカードにはデメリットもあります。注意点を紹介しましょう。

 

油断するとポイントカードが増え続ける

ポイントカードはお店にとっても販促に欠かせません。

よって店員が積極的に「ポイント作りませんか」と勧めてきます。無料で気軽に作れることもあってその結果、ポイントカードが数十枚以上たまっているなんてことがありませんか。

こんな理由もあって、お財布の中がポイントカードでパンパンになっているケースが多いのでしょう

カードが多すぎて、いざお店で使おうとしても肝心のカードが行方不明で収拾がつかなくなるなんてこともありがちです。

 

ポイントを貯めようとして不必要な買い物をしてしまう

さらにポイントをためようとするあまり、店で不必要なモノまで買ってしまい節約どころか散財してしまうなんてことも。これ、意外にやってしまいがちなので注意しましょうね。

 

有効期限がある

ポイントカードには、有効期限のあるものが多いもの。

お財布の中に入れっぱなしだとそれに気づかず、使おうとしたら失効していたなんてこともあるでしょう。これもデメリットといえますね。

 

ポイントカードを上手にためるコツ

ポイントカードを上手にためるコツは2点あります。

それは「よく使うお店にしぼる」ことと「共通カードを使いこなす」ことです。

 

よく使う店舗のポイントカードをなるべくしぼり込む

ポイントカードは、現金と同じように使える優れもののサービスです。

使う店舗をしぼって買い物をし、ポイントを上手にためましょう。使う店舗を決めておけばポイントがたまるスピードもアップします。その結果、有効期限切れになることも防げて一石二鳥です。

 

共通カードを使いこなす

共通カードとは複数の店舗で使えるポイントカードのことで、代表的なのがTポイントカード、Ponta、楽天ポイントカードなどです。

これらのポイントカードは使える店舗が多いので、効率的にポイントがたまります。

しかもこれらの共通カードは実店舗のほか、インターネットショッピングでもポイントがたまります。どちらで買い物をしても同じようにポイントがたまるので、メリットも大きいですよ。

加盟店も多いため、共通カードを1枚持っているだけでもポイントがたまるスピードはアップするはずです。

 

クレジットカードのポイントはサービス幅が大きい

ポイントをためるのは買い物だけではありません。例えばスーパーにマイバッグを持参すればポイントをつけてくれたり、アンケートに答えればポイントがたまるサービスなどもあります。

さらに、クレジットカードで公共料金を支払うとポイントがたまるカードもあります。公共料金の支払いに力を入れているカード会社では、サービスの幅が大きいのが特徴です。

しかも、たまったポイントで公共料金も支払えます。最近では年会費が無料のクレジットカードも多いので、これなら1枚持っていて損をすることはなさそうです。

 

ポイントカードの整理の仕方

ポイントカードは作って損をすることはほぼありません。

店舗などで「ポイントカードを作りませんか」と言われれば、とりあえず作る人も多いでしょう。それゆえ、気が付いた時には収拾がつかなくなるほど増えていた…。

こんなケースのために、ポイントカードの整理の仕方を紹介します。

 

カードそのものは名刺ケースなどで保管する

ポイントカードは、とりあえずお財布から一旦出しましょう。そのうえで共通カード、よく使うスーパーやドラッグストアなどのポイントカードを選別します。財布に戻すポイントカードは、月に最低1回は行く店に限定しましょう。

残りのポイントカードは100均ショップなどで売っている名刺ケースやカードケースなどに入れて自宅で保管します。時々、この保管しているケースを確認して「やっぱりこの店は行く」というポイントカードのみ、お財布に戻します。

そのうちに有効期限切れや、作って一度も行っていないお店などが把握できるはず。その時に使っていないポイントカードを処分すればOKです。

 

バーコードがあるポイントカードはアプリで一元管理できる

ポイントカードにバーコードがあれば、アプリでも管理できます。

「Stocard」という無料アプリです。ポイントカードのバーコードをスキャンしておけばOK。スマホのバーコードを提示すればポイントカードの代わりになるサービスです。

ただ、使い方にコツが必要です。まずは、よく行く店舗でこのサービスを試してみることをおすすめします。

 

まとめ:ポイントを貯めれば節約生活もワンランクアップ!

ポイントカードを上手に使えば割り引きが適用されたり、ノベルティグッズがもらえたりもしますね。さらに飲食店では、ポイントがたまると一食分が無料になるなど節約には欠かせない優れものです。

ポイントカードについて簡単にまとめておきましょう。

・ポイントカードにはメリットが多い反面、枚数が多くなってしまう傾向がある
・ポイントカードを上手にためるコツはよく使うお店にしぼる、複数の店舗で使える共通カードを使うなどの工夫をする
・ポイントカードは無料アプリで一元管理できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

FacebookPage