ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

固定費が節約できれば貯蓄は一気に進む!月に約5万円の節約を目指そう


日々の節約に励んでいるものの、なかなか貯蓄ができないと悩んでいませんか。

こんな時は「固定費」を見直しましょう。固定費とは、家賃や住宅ローン、保険料など毎月必ず出ていく出費です。ここに思い切ってメスを入れます。

今回は家賃・住宅ローン、保険料、通信費にスポットを当てました。

これらの賢い節約方法をご紹介します。

 

固定費で一番大きな出費「家賃・住宅ローン」を見直す

固定費で一番大きな出費が「家賃・住宅ローン」です。ここが見直されれば節約が一気に進めますよ。まずは、家賃と住宅ローンをそれぞれ見ていきましょう。

 

家賃は月収の30%以内に抑える

家賃が高いと、それだけで家計を圧迫します。一般的に家賃は、手取り月収の30%以内に収めるのがベストだと言われています。例えば手取りで月20万の収入があれば家賃は6万6000円が目安です。とはいえ、今の家賃からさらに1万円~2万円くらい安い物件への引っ越しができないか検討しましょう。現在更新料が発生しているなら、更新料が不要の公団住宅などへの住み替えも視野に入れてみてください。

 

住宅ローンはローンの借り換えを検討してみる

住宅ローンを支払っている場合は、ローンの借り換えを検討しましょう。

今までより金利の安い住宅ローンを利用すれば、固定費が劇的に浮きます。ローンの借り換えの注意点としては、手数料が発生することです。事務手数料や繰り上げ返済利用時の手数料などが発生するケースがあるので、借り換えで金利が安くなってもトータルの支払いが下がるのかどうか見極める必要があります。

繰り上げ返済手数料などが無料の銀行もあるので比較、検討をおすすめします。

 

住宅ローンの借り換えをして節約できるのはどんな人?

住宅ローンの借り換えはかなり手間がかかるのも事実です。ではどんな人が住宅ローンの借り換えをして節約できるのでしょう。

目安としては「返済期間が10年以上残っている」「返済額の残りが1000万円以上ある」「現在の住宅ローンの金利と現在の金利差が1%以上ある」です。このうち1つでも当てはまれば、借り換えで節約できる可能性があります。

 

借り換えの金利が低い、手数料などが無料サービスの銀行紹介

新生銀行

http://www.shinseibank.com/powerflex/cam/cam_hl_karikae02.html

 

楽天銀行

https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/lp/refinance_sem.html

 

イオン銀行

https://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/lp/refinance.html?trcd=lc101987838

 

じぶん銀行

https://www.jibunbank.co.jp/pc/landing/homeloan/loan3/?code=HLGS1010601H

 

りそな銀行

http://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/landing/karikae.html?waad=Bxw3a1Nv#

 


保険料の出費は侮れない!優先順位を見直そう

保険の種類は主に「生命保険」「自動車保険」「火災保険」などがあります。この中で真っ先に見直したいのが「生命保険」です。

生命保険をさらに分類すると医療保険、学資保険、がん保険などがあります。保険料の毎月の出費は侮れないのでまずは、保険料に毎月いくら支払っているのか把握しましょう。

 

保険料月額支払い全国平均金額は3万2000円

https://www.jili.or.jp/

http://www.jili.or.jp/press/2015/nwl10.html

公益財団法人生命文化センターの調査によると、全国の1世帯あたりの月額生命保険の支払い金額は3万2000円弱なのだとか(*平成27年度調べによる)。

ちなみに年間の支払い金額は38万5000円になりますが、この金額はあくまでも目安です。一口に生命保険といっても掛け捨てタイプと貯蓄タイプがあります。貯蓄タイプは貯金をしているのと同じなので、一旦見直しからは除外します。ちなみに貯蓄タイプは学資保険、養老保険、終身保険などがあります。

 

保険は安易に解約しないこと!まずは専門家に相談を

生命保険は、万が一の時のための保証です。保険の見直しというのは、素人判断では難しい一面があります。よって保険を見直そうと思ったら、専門家に相談をすることをおすすめします。

最近では、中立な立場で保険についてアドバイスをしてくれるサービスが充実しています。自分に合いそうなところを見つけましょう。その時には生命保険だけでなく、自動車保険や火災保険などすべての保険を見直すようにしてください。

 

保険見直しの相談ができるサービス

保険見直しラボ

https://www.hoken-minaoshi-lab.jp/lp/normal/?keiro=scMhP01Nor

 

保険のビュッフェ

https://www.hoken-buffet.jp/

 

みんなの生命保険アドバイザー

http://41fp.com/

 

生命保険ドットコム

http://www.kawasekids.com/seimeihoken_dotto_com.html

 

保険マンモス

http://www.hoken-mammoth.jp/

 


通信費も浮かしたい!鍵を握る「格安SIM」

通信費の中で毎月の支払額が一番大きいのはスマホなど携帯電話代でしょう。

頻繁に使用する場合、月の支払いがひとりで1万円を超えることもありますね。この携帯代を月に5000円以上浮かすことができれば、固定費がかなり節約できます。鍵を握るのは「格安SIM」を利用した格安スマホです。

 

そもそも格安SIMって何?

すべての携帯電話には「SIMカード」がついています。

SIMカードとは、通信をするために必要な情報を記録したカードのことです。格安SIMとは、このSIMカードを利用した新たな通信サービスのことでdocomoやau、ソフトバンクなどのキャリアからネットワーク回線と設備を借りてサービスを提供しています。

この回線事業者のことを「MVNO」と呼び、このMVNO業者と回線契約をすると料金が安くなるので通称として「格安SIM」と呼ばれているのです。ちなみに、この格安SIMを使ったスマホのことが格安スマホです。

 

格安スマホの通信費は月1980円~

「MVNO」とはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略語です。MVNOが販売するSIMが格安SIMです。

この格安SIMを使った格安スマホの通信費の相場は1980円~3000円前後です。ただし、通話料金が割高になるデメリットがあるのでご注意を。よって、通話を頻繁に使わないのであれば格安スマホにした方が得です。

仮に今までの通信費が月8000円かかっていたのが1980円で済めば約6000円浮きます。これが家族4人分なら6000円×4=2万4000円です。月に2万4000円の節約は大きいですよ。

 

格安SIMの上手な選び方

今使っている携帯電話がそのまま格安SIMに使えればベストですね。その判断は、携帯電話の機種と格安SIMの種類によります。

格安SIMの公式サイト上で「この機種ならうちの格安SIMが使えます、使えません」と公開されているのでチェックしましょう。使えない場合は、格安SIMを契約する時に端末もセットで購入可能です。さらに家族で契約すると、キャリアの家族割りと同等のサービスが受けられる格安SIMもあります。

 

格安SIMおすすめ業者

UQmobile

http://www.uqwimax.jp/

 

mineo

http://mineo.jp/

 

BIGLOBE SIM

https://join.biglobe.ne.jp/mobile/

 

LINEモバイル

https://mobile.line.me/

 

Y! mobile

https://www.ymobile.jp/

 

まとめ:固定費を節約できれば家計は大きく変わる!

家賃や住宅ローンを見直すのは本当に大変です。時間がかかる上に根気も必要でしょう。でもここが節約できれば、家計は大きく変わります。

また保険料の見直しは、専門家の意見を聞くのが近道です。通信費は格安SIMに変更すると決めれば、家族でまとめて見直せばより節約が進みます。家賃・住宅ローン、保険料、通信費これらの節約に成功できれば月5万円程度浮かすことが可能になるという訳です。試してみる価値はありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

FacebookPage