フード
このエントリーをはてなブックマークに追加

ずぼらたこ焼き風弁当。タコは高いから使ってませんけどね☆


たこ焼き風弁当

こんにちは。

3連休は台風のせいもあって、3日間家で筋トレしかしてません。

 

 ヒーローなのに自宅待機のイエローです。

 

 

筋トレ以外といえば「次はどんなお弁当作ろうかな……」「余った食材でおつまみ作れないかな……」とかそんなことを考える予定しかありません。

自分でネタ考えて、自分で作って、自分で食べる、弁当界のジャッキー・チェンです(笑)

 

それはさておき・・・。

前回、前々回で野菜、肉だったので、今回はイカを使って、「たこ焼き風弁当」です!

 

タコが入っていないのにたこ焼きはないだろうって声が聞こえてきますが、「酢だこさん太郎」だってタコは入ってませんからセーフ!

イカなのにたこ焼き弁当

 

タコは入ってなくてごめんね☆たこ焼き風弁当

 

たこ焼き風弁当の材料

【材料】

・イカ:2リング

・青ネギ:1本の6分の1ぐらい

・揚げ玉(天かす):1つかみぐらい

・紅しょうが:少々

・卵:1個

(卵を映し忘れました……)

・白だし(濃縮タイプ)

・豆苗:少々(おまけ)

 

豆苗

 

前回、「豚肉と野菜のあっさり煮弁当」で使った豆苗。

まいたけのトレーと豆苗の底のサイズがジャストフィット!だったので、せっかくなので育ててみました。(豆苗は根を水に浸けておくと再生する最強の節約野菜)

 

1週間でこんなに生えたので、せっかくなので豆苗も入れてみました。なくてもOK!

 

 

 

【作り方】

・イカ・ネギ・豆苗をハサミで切った物、紅ショウガ、揚げ玉を入れます。

ずぼら弁当の材料を切る

 

 

・白だし少々とお水少々を入れた後、卵を加えて混ぜて、電子レンジで2分加熱。

白だし少々とお水少々

 

 

・ご飯を入れて、好みで揚げ玉と紅しょうがを追加トッピング。

 

たこ焼き風弁当

 

できあがり~~!!

 

 

前回同様、見栄えをよくするために、具材を一度お弁当のふたに出して入れ直しています。

 

面倒な人はもちろん具材の上からご飯を盛ってくれてもOKです!

(ていうか私もそうしたいズボラ心w)

 

 

【感想】

紅しょうがのさっぱり感と、だしを吸った揚げ玉のこってり感を卵がまとめてくれて、すごくまとまったお味になっています……!

ズボラなのに、こんなにおいしくっていいんでしょうか。世の中のお母さん、怒りませんか?

 

私はしょうがが好きなので、最後に紅しょうがを追加トッピングしたのですが、さくっとした歯ざわりが爽やかでいいですね。

 

白だしと揚げ玉ですでにしっかり味がついていますが、もし薄味に感じたら醤油やたこ焼きソースをお好みでおかけください。

 

 

 

今回のメニューができるまでのお話

最近、家で「1人たこ焼きパーティー」をするのにハマっています。

 

1人でもたこ焼きパーティーって楽しいんですよ^^

タコの代わりにイカを使っても誰も文句言いませんし、余ったたこ焼きを揚げたこ焼きにして夜食にしたり……。

 

 

こうしてたこ焼きを作っている最中に「これってお弁当の具にいいのでは?」と思ったのがきっかけです。

たこ焼きそのものを作って乗せるのは手間だし、炭水化物+炭水化物になるので、あまり美しくない……(見た目的にも、栄養的にも)

 

ということで、たこ焼きの具材を卵で閉じる!という方法にしてみました。

今回使った揚げ玉ですが、これはスーパーのお惣菜コーナーでGETした物です。

揚げ物惣菜を作って販売しているほとんどのスーパーは安くで揚げ玉を売っているんですよ!

 

袋に入れて売られている揚げ玉よりも新しく、さまざまな揚げ物のかすが集まっているのでおいしいんです!

近くにお惣菜を売っているスーパーがある人はぜひ、試してみてください。

 

まとめ

 

今回の材料のお値段(税抜き)は

 

・イカ:18円ぐらい(1パック175円)

・青ネギ:10円ぐらい(60円)

・揚げ玉(天かす):10円ぐらい(1パック84円)

・紅しょうが:5円ぐらい(101円)

・卵:10円ぐらい(100円)

・豆苗:タダ!

 

ということで、なんと合計53円!新記録ですね。

イカと豆苗、すごい。特に豆苗!豆苗スピンオフ作品ができそうな勢い!

ご飯と調味料代合わせても100円かかってない……

「150円」という目標を定めることによって、より節約できたということでしょうか。

 

目標に向かって走るって、大事なことなんですね!

それでは私は、残った材料で1人たこ焼きパーティーに勤しもうと思います。

孤独の女ズボラ弁当

このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

FacebookPage