お金を借りる
このエントリーをはてなブックマークに追加

生活が苦しい50代の人へ。足りない生活費は借りて補う

d69689ac27aa7293595d169ce6973906_m
若い時分は、

「お給料が安いのは今だけ。大人になったらもっと稼げるようになる」

そう鼓舞して人生をやり過ごしてきました。

そうして40歳を超え50歳を超え、

「思い描いていた生活ができていない!」

と辛い思いをしている人は多数いるようです。

今50代の人が20代だった頃は、1つの会社に勤めていれば、仕事ができなくても年功序列で役職がつき、給料が上がり、50代の人はみんなそれなりの生活を送っていました。

しかし、今の時代。
不景気で会社は倒産や合併の嵐で職を失ってしまったり、アメリカの実力主義にかぶれて年功序列を廃止されてしまって若い人の下について安い給料で働かなければいけなくなったりと、踏んだり蹴ったりです。

こうした理由から、お金がなくて生活が苦しいという50代は増えています。

特に今50代の女性は「女性は働くべきでない」という風潮の中生きてくる羽目になったので、役職につけている人はかなり少ないでしょう。

質素にお金を使わないように生活をしていても、お金を使わなければならない日はやってきます。

家や車といった必需品の故障、子供の進学、冠婚葬祭・・・

まとまったお金が必要になった時、どうやって解決すればいいでしょうか。

 

貸金業法改正で怖くなくなった消費者金融

86c28a9931923ef205e2decb943b765f_m
50代でバイトでも何でも定職に就いていれば、消費者金融からお金を借りることができます。

消費者金融というと、とても怖いイメージがありますね。

数年前に貸金業法が改変されたことをご存知ない方が、割と多くいらっしゃいます。

その改変の中には、上限金利の設定、強引な返済の催促の禁止といったさまざまな規定が盛り込まれています。

つまり、「怖い金融業者」で想像し得ることのほとんどは法律で禁止されることになったです。

もしこの規定を破ったら、消費者金融は刑事罰に問われますから、貸す方もかなり細かく気を配っています。

こうした理由から、お金がない時に気軽に、安心して借りられるんです。

50代になると、さまざまな病気の不安もありますから、その点も審査に加味されるでしょう。

しかし、その時をやり過ごす数万円を借りるだけであれば、50代でも難なく借りられます。

貸金業法が改正された際に、借りる側の制限として総量規制という、1人が借りられるお金の上限が設定されました。

その上限は年収の3分の1です。

年収300万円の人であれば、100万円まで借りられるということですね。

とは言っても、貸す金額は完全に業者の裁量なので、10万円しか貸せないと言われたら10万円しか借りることができません。

総量規制といった上限を頭に入れつつ、欲を出さずに必要な金額を申請すると審査に通る可能性は高くなるようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加