食費が足りない。生活費が欲しい時の手段

食費 足りない
「食費が足りない」

こうなってしまうと一大事ですよね。

たまにであればこんな月もあるかもしれません。

しかし、慢性的に食費が足りない人もいます。これは大問題です。

もしあなたが「毎月食費が足りない」という理由でお金に困っているのであれば、まず食費の使い方から考え直してみましょう。

最初にできることと言えば、いつも使っている食事内容の見直しです。

高い食材ばかり使っていませんか?

安い食材も積極的に使うようにしていきましょう。

 

大型スーパーでまとめて買ってしまうのではなく、野菜なら野菜、肉なら肉の専門店に行くと、安くで良い物が手に入ることがあります。

近所のそうしたお店を探してみましょう。

また、毎日違うものを食べようと思うと材料費がかかってしまいます。

違う物を作るために、材料を1から買い直すことになるからです。前日と同じ材料を利用すれば、材料費の節約になります。

もし余ってしまった料理を食べたくない・家族に出したくないと思うのであれば、リメイク・アレンジレシピを覚えて同じ材料のものを数日食べて残さず食べ切るようにするといいでしょう。

そして1番多い食費の無駄遣いパターンは、レシピを決めてから買い物に行くのではなく、買い物に行ってレシピを決める人の買い物の仕方です。

最初に買う物を決めてしまっているので、値段の高い安いを見ずに買うことになってしまいます。

食費を節約したいのであれば、スーパーに行って何が安いのかをチェックしてから安い材料を中心にレシピを考えて決めましょう。

安い野菜は基本的に旬なものなので、栄養価が高いので、積極的に利用した方が健康にも繋がります。

 

今月だけ食費が足りない。そんな時はキャッシングを利用しよう

食費が足りない 今月だけ
どうがんばって節約しても、どうしても食費が足りなくなってしまう月も出てくるでしょう。

例えば、イベントが多くてどうしても外食ばかりになってしまった月。

こういう時は足りなくなっても仕方ないと思います。

そういう時だけ、キャッシングを利用して乗り切りましょう。

キャッシングは1万円程度の少額から借り入れすることができるので、足りない食事代の補填に利用している人も少なくありません。

その程度の金額であればすぐに返済できるでしょう。

繰り返しになりますが、これは「その月だけ食費が足りなかった」という人の対処法として考えてください。

慢性的に食費が足りないという状態は、大問題です。

食事にかけるお金のムダを減らすか、仕事を増やして食費を増やすか・・・このような対策をとりましょう。