障害者がお金を借りる。手帳を持っている人のキャッシング

身体障害者のキャッシング

 障害者でもお金が借りれるところはどこか?

一昔前であれば、店頭で申込をして、銀行口座に振り込まれたお金を受け取って、それを口座振替で返済して・・・。

このように身体にハンディのある人は文字通り、お金を借りる際に障害が多かったですね。

ただ、現在キャッシングの主流はネットで申込。コンビニでATMで入手金ができるため、物理的なハードルはかなり下がったといえます。

それでも、障害者の人たちにとって、お金を借りることは健常者に比べて難しいのでしょうか?

 

>>障害者の方が借りやすいキャッシングはこちらです

障害者年金を担保に借りることはできる?

障害者・健常者というくくりの前に、重要なことは「借り入れに際して、安定した収入があるか」ということです。

では、障害者手帳を持っている場合、障害者年金を担保にお金を借りることはできるのか?という疑問が沸き上がってきます。

 

結論からいうと、それだけでは難しいといえます。

障害者基礎年金額

基礎年金額で言えば、1級で月額約80,500円、2級で月額約64,400円です。

確かに今後途絶えることのない収入ではありますが、ここから生活費を除くと、返済に充てるお金がほとんど残らないでしょう。

なので、実質障害者年金だけで、キャッシングするのは難しいといえます。

 

ただし、障害者年金にプラスして収入があれば話は別です。

例えば、両耳全聾の場合は障害等級2級ですが、デスクワークなど健常の人と変わらずできる仕事は多いです。

また、全盲で1級の障害を持っていても、あん摩の仕事などで安定した収入がある場合は、借り入れできる可能性も出てきます。

 

知的障害者は自分で申込できるかどうかが分かれ目

障害者がお金借りる

 身体障害者の場合は安定した収入があれば、あとは物理的な問題をクリアすればほぼ問題なくお金を借りることができます。

ただ、知的障害、精神障害の場合は、借り入れ全般を自分で管理できるかというところが一番の問題になってきます。(安定した収入があることは前提ですが)

 

軽度の知的障害の場合は、家族の知らないところで借り入れをしたり、他人に騙されて借金を背負わされたりするケースを心配して、家族がキャッシングを反対するケースが多いようです。

逆に、借り入れから返済まで管理してもらえる介助者や支援者がいたほうが、返済に困るという可能性は薄いでしょう。