車検費用が払えない。車検切れ・自賠責保険切れの車で走ったらどうなる?

車検切れの車で走ったら
車を持つには事あるごとにお金を払わなければいけません。

走らせるだけでもガソリン代がかかって大変なのに、車検や車両税、自動車保険料など、さまざまなお金を支払わなければいけません。

しかも厄介なのは、これらのお金は「一度支払えば終了」というものではないこと。

期限が決められており、期限が過ぎれば再度お金を支払わなければいけません。

 これが苦しくて、車を持たないという人も増えてきています。

もし、これらのお金を支払わずに車を走らせた場合、一体どうなってしまうのでしょうか?

車検が切れた車で、公道を走ってはいけません。

 車検切れで公道を走ってしまった場合、道路運送車両法で6ヶ月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金を科せられることとなります。

もし、これに加えて『自賠責保険』の期限が切れているとなると、更に罪が重くなります。

『自動車損害賠償保障法』により、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることとなります。

 

こうした刑罰だけではなく、免許証の点数も引かれます。車検切れで6点、自賠責保険切れで6点、減点されることとなります。

両方の場合、合わせて12点も減点されることとなってしまいます。

保険切れ 車

 

車検費用の基礎知識。費用の内訳について

車検の時期が来るたびに「費用が高い」と思いながらも仕方ないかと支払っている車検費用。車検費用の見直しなどをしたいところですが、まずは車検費用がどのような内訳になっているかについて知っておきましょう。

車検費用にはどうしても発生する費用と、車検業者のさじ加減で変わってくる費用があります。

それらを混同することなく、正しい車検費用の知識を身に着けましょう。

 

車検費用の内訳

車検費用は大きく分けて2種類の費用から成り立っています。

車検費用 = 法定費用 + 点検整備費用

法定費用は国が定めた費用ですので、どこで車検をしてもらっても、自分で車検をしても必ず発生し、しかもその金額はどこで車検を行ってもほとんど変わりません。

点検整備費用は車検業者で発生する車検のための費用で、車検のための事務手数料や整備費用等がここに含まれます。

点検整備費用は業者ごとに費用の考え方が変わってきますので、車検を安く受けられる場所、車検が高い場所など、車検業者によって点検整備費用に違いがあります。

 

それでは次に法定費用と点検整備費用のもう少し詳しい内訳を見てみましょう。

 

 

法定費用の内訳とその金額

法定費用は、自賠責保険料と重量税と印紙代で決まってきます。

 

自賠責保険料(2016年度、24ヶ月)

自動車損害賠償保障法により、すべての運転者への加入が必須となっている損害保険です。交通事故を起こした時の被害者への補填のために加入が義務付けられています。

軽自動車:26,370円

乗用車:27,840円

 

重量税(2016年度、24ヶ月)

自動車の重さごとにかかる税金です。

0.5トン毎に課せられる税金が変わります。また新車登録から13年以上経過すると重量税の基準が上がり、18年経過すると更に上がります。反対にエコカーであると重量税は下がります。

 

エコカー

減免なし:0.5トンごとに2年間で5,000円

減免50%:0.5トンごとに2年間で2,500円

 エコカー以外

減免なし:0.5トンごとに2年間で5,000円13年未満:0.5トンごとに2年間で8,200円

13年以上:0.5トンごとに2年間で11,400円

18年以上:0.5トンごとに2年間で12,600円

 

印紙代

車検にかかる検査費用です。一般的には下記の金額になります。

指定工場(民間車検場)1,100円

指定工場以外
軽自動車:1,430円
乗用車(小型車):1,700円乗用車(小型車以外):1,800円

 

点検整備費用の考え方

点検整備費用は下記の3つの料金の合計になります。車検を行う業者によって内訳の名目は違ってきますが、内容はほぼ変わりません。

 

  • 基本料金
  • 整備費用
  • 部品代

 

基本料金

車検にかかる事務手数料や、検査費用がこれにあたります。自動車に全くトラブルもなくスムーズに車検を通せたときにかかる費用で、ほとんどの車検業者で車種ごとに値段が決まっています。

 

整備費用

車検を通すために修理を行ったり、部品交換を行ったりするときに発生する作業費用です。長年同じ車に乗っていると「ここを直さないと車検では絶対に通らない」というようなことが必ず発生します。

よくある作業としてはタイヤ交換や、オイル交換、バッテリー交換などになります。

 

部品代

上記の整備や部品交換を行うために必要な部品の費用です。車検費用が高くなる大きな原因がここにあります。

例えばタイヤ交換を行うときに、少しでもいいタイヤに変えようとするとそれだけで数万円かかってしまいます。

タイヤ交換ならまだいいのですが、エンジン部品のユニット交換になると、部品単体で数万円の部品代がかかってしまうことも珍しくありません。

輸入車の場合は海外からの取り寄せになることもありますので、費用がかかるだけでなく、取り寄せに1週間かかるようなこともあり、車検期間が伸びてしまうこともあります。

 

1つひとつは数万円でも、積もり積もって10万円、20万円と費用がかさんでしまうのがこの部品代です。

車検費用が払えず、買い替えを検討したほうがいい場合

車検費用が30万円近くなったとき、なんとかして車検費用を集めなくてはという気持ちばかりが先走り、別の視点がすっぽりと抜け落ちていることがあります。

それが自動車の買い替えです。

車検費用が不足しているなら、車検前に今のマイカーを手放して別の車を買い直したほうが結果的に費用を安く抑えることができるケースもあります。

ここでは車検費用を払えなくても、買い替えで車検を乗り切る方法について紹介します。

 

中古車は10万円で購入することができる

はじめに中古車の一般的な乗り出し相場について見ていきましょう。最低どれくらいの費用を用意すれば中古車を購入することができるのかをチェックしましょう。

 

中古車検索サイトなどを利用して検索すると、軽自動車の乗り出し価格が10万円以下でも何台か見つけることができます。

1996年式 ワゴンR 乗り出し価格:10万円 車検あり 事故歴なし

2001年式 ムーブ 乗り出し価格:9.8万円 車検あり 事故歴なし

 

走行距離は10万kmオーバーですが、事故歴もなく車検もついている自動車を10万円で購入することが可能です。

 

軽自動車ではなくコンパクトカーがいいという場合、次のような中古車が見つかります。

2002年式 マーチ 乗り出し価格:14.8万円 車検あり 事故歴なし

2002年式 フィット 乗り出し価格:15万円 車検あり 事故歴なし

 

買い替えに使える予算を検討する

贅沢を言わなければ10万円台で購入できる中古車が何台もあることがわかりました。

20万円用意できれば、選べる車種もさらに増えることになります。

 

20万円用意出来るなら車検費用で困ったりしないと思うかもしれません。

もちろんそのとおりなのですが、車検切れ前で困っている車を20万円以上で買取してもらえば問題は一気に解決します。

車検を通す費用を用意できない人でも、買取価格が高い自動車に乗っている場合は、自動車を売って安い中古車に買い換えれば、1円も出費せずに車検を乗り切ることができます。

 

買取価格が限りなくゼロ円に近い場合は、なんとかして最低10万円を集める必要がありますが、それでも車検費用よりも十分安い価格です。

金利の低いマイカーローンで10万円を借りることができれば、10万円を集められないとしても、分割払いで返済していくことも可能になります。

まずは買い替えに使える予算を決めるために、車検を通せない自動車がいくらで売れるのかを買取業者に見積もりしてもらいましょう。

ちなみにカーディーラーは買取価格がとても低いため、買取査定はカーディーラーで受けないようにしてください。中古車一括査定サービスなどを利用して、少しでも高値で買取してもらいましょう。

 

おすすめは軽自動車への買い替え

車検費用を払えないような状態で見栄を張っても仕方ありません。

お金を用意できないような状態で、家計の状態もあまり良くないはずです。

そんなときに維持費の高い自動車をいつまでも持ち続けるのは賢明ではありません。

 

軽自動車へ買い替えをすれば毎月の保険料も大幅に下がりますし、春に支払う自動車税もダウンします。

維持費で計算すると1ヶ月で、コンパクトカーと軽自動車を比べてみると1万円近く差額が発生します。軽自動車の維持費は驚くほど安くなります。

暮らしている地域の交通の便が悪いため、車は必需品だけど、車検費用はどうしても払えない。

そんなときは軽自動車に買い替えをすることで車検費用の支払いを回避し、なおかつ自動車を買取してもらったお金で安い軽自動車を購入すれば、実質無料で車検を乗り切ることができるわけです。

ただし、前提としては自動車の買取をしてもらって、それなりの収益が出るということが条件になります。

まだローンが残っているような場合は、ローンとの相殺でむしろマイナスになる可能性も有ります。その場合は買い替えではなく、別の方法で車検費用の支払いを乗り切りましょう。

 

お金がないけど車は必要。そんな時の車費用支払い術

車検の見積をしたら修理や部品交換などが発生して、想定していたよりもお金がかかりすぎて焦ったことありませんか?

なんとかお金をかき集めて車検できた人はいいのですが、どうやっても車検費用を一括で払えない。かといって、車検を受けずに乗り続けるわけにもいきません。

でも、よく考えてください。一括で払おうとするから払えないだけですよね。車検費用を分割で払うことができれば問題ないわけです。

支払うお金がなければ支払いたくても支払えないもの。一体どうすればいいでしょうか。

それでは車検費用を現金で用意できないときの支払い方法について紹介しましょう。

 

車検業者に分割払いをお願いする

車検を行う業者に対して、分割払いができないか相談してみましょう。

法定費用の分割払いは認めてもらえない可能性が高いのですが、点検整備費に関しては、分割払いOKにしてくれる車検業者もあります。

まずは車検を依頼する業者に分割払いの可否を確認してください。

 

車検費用の中にはクレジットカードでも支払える部分があります。

車検にかかる費用には「検査費用」と、「法定費用」というものがあり、前者の費用はクレジットカードで支払えることがあります。

この部分だけでもクレジットカードで支払ってしまうと、用意しなければいけないお金が少なくて済みます。

この場合も基本的には法定費用は現金支払いになりますので、最低でも法定費用額は現金で用意しなくてはいけません。

ただし、クレジットカード対応のお店でしかこの技は使えませんので、注意してください。

カーディーラーなどでは法定費用もカード払い可能なケースがありますが、カーディーラーの車検は他の業者の車検と比べても割高になりますので、総支払額で損をしていることもありますので、カード払いができるという理由だけで選ばないように気をつけてください。

 

マイカーローンを利用する

意外かもしれませんが、マイカーローンで車検料金の支払いをすることが認められています。

マイカーローンは自動車購入時の支払いだけにしか使えないのではなく、自動車の修理や車検料金の支払いにも利用可能です。

 

マイカーローンのメリットは金利が低いことにあります。

金融機関によって金利が変わってきますが、一般的なマイカーローンの金利は2.0%になります。

キャッシングなどを利用するよりも、低金利でお金を借りることができますので、返済が楽になります。

 

ただし、マイカーローンはローンには違いありませんので、審査でしっかりと返済能力についてチェックされます。

現在の勤め先への勤続年数が短い人や、安定した収入がない人は審査に引っかかることもあります。

 

誰もが気軽に借りることができるわけではないのが、マイカーローンのデメリットになります。

低金利を実現しているのは「確実に返してもらえる」と金融機関が判断しているためです。

その審査が厳しいのは言うまでもありません。

 

ひとつの金融機関でマイカーローンの審査に落ちた人は、他の金融機関のマイカーローンでも審査に通らない可能性が高くなりますので、マイカーローン以外での借り入れを検討してください。

 

カードローンを利用する

マイカーローンの審査に通らないような場合は、カードローンを利用して分割払いをするという方法がおすすめです。

カードローンであれば、車検料金程度の借入の場合、収入証明書の提出も不要で、なおかつ金利も2.5%〜18%と決して返済が難しくなるような設定ではありません。

金融機関によっては1時間もかからずに審査が終わるため、すぐに現金を手にすることができるのがカードローンのメリットになります。

そしてカードローンは、使用用途が限定されませんので、車検料金以外の支払いにも使用可能です。

他の金融機関に借金がある場合は、カードローン枠を利用して車検料金とまとめて借金を一本化することも可能です。

もちろんカードローンにもデメリットもあります。それは返済期間が長くなりがちだということです。

カードローンの便利さから、車検料金以外の買い物にもカードローンを利用する人が少なくありません。

カードローンで車検料金を支払うときは、必要以上の借り入れはしないようにしてください。手軽さゆえに、借金を積み重ねてしまうことがありますので、その点だけは注意しましょう