葬儀費用がない場合。葬式代は借りても後から戻ってくる

葬儀費用がない場合

人が亡くなると、必ず執り行わなければならないお葬式。

故人が「葬式金」を遺してくれていればよいですが、そうでなければ、遺族が何十万というお金を急に支払わなければなりません。

 

まずは、葬儀費用を安く抑える方法について。

お葬式には種類があり、1番安価なものであれば『直葬』という形になります。

これは、通夜や別れの儀式などを行わず、そのまま火葬場に行くという見送り方です。

このやり方であれば10万円あればできるでしょう。

 

しかし、ほとんどの方が「そんなのあんまりだ」「今まで懸命に生きてきた故人をちゃんと見送ってあげたい」と思うのではないでしょうか。

 

きちんと故人を見送るお葬式の中で最も安いのは小規模な家族葬で、相場は20万円程度になります。

家族葬にも規模があり、近親者のみで行う小さい規模のものから、親しかった親戚や友人までを呼ぶという中規模のものまであります。

ここで言う家族葬は、前者の『近親者のみで行う小さな規模』のものになります。

この規模のお葬式であれば、20万円あれば執り行うことができるでしょう。

 

この家族葬の流れを簡単に説明します。

まずは遺体を葬儀屋が指定する安置所まで移動させます。

移動させる車や運んでくれる人も葬儀屋の人で準備してくれます。

そして安置所で通夜を執り行います。

ここではお坊さんは呼ばず、葬儀屋の方が簡単にお祈りをしてくれるというパターンがほとんどです。

通夜といっても、本格的なものではなく、一晩誰かが付きっきりにならなくてはならないということはありません。

安置所に鍵をかけ、遺族は一旦帰宅することとなります。

 

その翌日、遺族が再度安置所に訪れ、最後の別れのあいさつをします。

この時、遺体の周りに添える花などは葬儀屋が準備してくれています。

写真や故人が愛用していた物も一緒に入れさせてくれます。(ただし、燃える物に限ります)

この儀式が終わると、いよいよ火葬場に向かいます。

ここで棺越しに最後のあいさつをして、火葬をし、お骨を拾って葬儀は終了となります。

ここまでの作業や必要経費を全て含めて20万円です。骨壷や遺影なども含まれています。

これだけしっかりお見送りをすれば、故人を思っていた人としても、充分見送ってやれたと思うのではないでしょうか。

 

一時的な支払いを借り入れすれば、約半分は公的資金でまかなえる

一時的な支払いには借り入れの検討も

しかし、20万円はお葬式の中では1番安い金額とは言っても、安いものではありません。

特に身寄りが少なく、ご香典も期待できない場合、支払いは厳しいですね。

もしお金が足りなければ、キャッシングするという手段が最も手っ取り早いと思います。

手段を選んでいる時間は、あまりありません。亡くなったその日の朝に申し込んで、午後には借り入れという即日借り入れも可能です。

 

もしキャッシングした金額が5万円程度で、故人が国民健康保険に加入していたのならば、すぐに返済できるでしょう。

 国民健康保険に加入していた人が亡くなった場合、『葬祭費』という名目で補助金が支給されます。

自治体にもよりますが、大体5~10万円程度が支払われるようです。

申請すればすぐにもらえることが多いので、それをそのまま返済金に充てることができます。

補助金の申請は自治体によって手続きが異なりますので、役所に電話で尋ねてみると良いでしょう。

 

また、社会保険に加入していた場合、故人の給料と同額の『埋葬費』が支払われることもあります。

もし、故人の勤めていた会社に総務部があれば、そちらに尋ねるのが手っ取り早いでしょう。

 

このように、死亡保険に加入していなくとも、死亡時に入ってくるお金は少額ながらあります。

こうしたお金をうまく使って、心残りのない葬儀を執り行えればと願います。