結婚ご祝儀はキャッシングしてまで包む?お祝いの相場とお金がないときの乗り切り方

結婚ご祝儀は3万円が相場?

 「披露宴に招待した友人のご祝儀が1万円だった。心底腹がたった」

そんな記事をネットで見かけたことがあります。

財布が寂しい人はガタガタ震えそうなエピソードですね。

 「気持ち」とはいうものの、少なければ非難される結婚式のご祝儀。

キャッシングで借りてまで払わないといけないのでしょうか?

払いたいのは山々だが、お金がないんだ!というようなピンチの乗り切り方について紹介してみたいと思います。

ご祝儀の相場?いや、あんたと俺の間柄なら2万で十分でしょ

 

結婚祝いの相場

まずは相場の確認から。

一番出席する可能性の高い友人の結婚式ですが、相場は2万円~3万円。

一昔前までは、たいてい3万円と決まっており、2,4,6などの偶数は「別れ」を意味することから、おめでたい場では嫌われていました。

しかし、現在は遠方からの出席の場合や、女性は特に身だしなみにお金がかかるため、2万円でもOKとしている場合も多いようです。

その場合は、1万円冊1枚と5千円札2枚を入れるのが礼儀にあたります。

また、男性でも「そんなに親しくない人に3万円は高いなぁ」と思う場合は先に紹介した方法で2万円とする人も多いようです。

 

ご祝儀1万円がなぜいけないか?

結婚披露宴を挙げた方なら知っていることですが、披露宴にかかるゲスト一人あたりの金額はかなり高額です。

食事が15,000円、ドリンクが3,000円、引き出物が3,000円と目に見えるものだけでも2万円近くになる上に、テーブルクロス代、ペーパーアイテム類など、「そんなにかかるの?」と言いたくなるものまで本当にお金がかかります。

 

そんな中、しれっと1万円を包んで飲み食いされて帰ると、怒りたくなる新郎新婦がいるのも理解できますね。

全額自己資金が準備できるカップルもいますが、ご祝儀で結婚費用を支払うつもりにしているカップルもいるので、「アテが外れた!」となるわけです。

 

包みたいけどお金がない。そんなときのご祝儀の渡し方

ご祝儀がない時の方法

1)1万円+モノで渡す

最低でも1万円は包みたいところ。どんな関係であっても、ゼロはひどすぎです。

なけなしの1万円を包んだら、あとはプレゼントという形で渡しましょう。

できれば、披露宴前に渡しておけば、ご祝儀が1万円だった理由がはっきりわかっていいですね。

 

プレゼントの中身は新生活で使えるものが理想的です。

金額はできれば1万円前後のもの。

 「いや、プレゼントを買うお金があれば、ご祝儀包んでるよ」

と思う方もいるでしょうが、商品の場合はクレジットカードで支払うことができます。

カードだと1ヶ月から2ヶ月は支払いが遅れてくるのでその間にお金は用意したいですね。

 

 

2)正直にお金がないことを伝える

これはちょっと勇気のいることですが、実際に伝えると、案外事情を理解してくれないという人はいません。

黙って1万円包んで、あとでびっくりされるよりも、先に伝えておいたほうがよっぽど丁寧です。

 「お金が入ったら別で食事でもおごるから」くらいのことは伝えられたら感じがいいですね。

 

3)披露宴を欠席する

最終手段ですが、2)のようにお金がないと伝えられないプライドの高い方はこれしかありません。

欠席すると、食事や引き出物代がマイナスされるので1万円も包めば十分です。

ただし、ある程度早く伝えないと、挙式の2週間前くらいには式場への支払額が確定するので、「身内の不幸で・・・」などと直前に伝えると、ご祝儀は払えないわ、ドタキャンで穴はあけるわで最悪です。

また、事前に伝えたとしても仲の良い友達であれば、あまり印象がよくないことは言うまでもありません。

もし関係を良好に保ちたいのであれば、3万円を借りて包むということくらいはしてもいいでしょうね。