浮気調査とお金の問題。調査費用の相場がわからず不安な方へ

浮気調査するぞ!

パートナーの浮気。

これは小さなほころびから明るみに出ることが多いものです。

 

車の助手席に自分の物ではないアクセサリーが落ちていた……

携帯電話が鳴ると、自分の目の届かないところへ行ってしまう……

 

 

「もしかしたら」と思うきっかけがさまざまあるでしょう。

しかし、少し疑わしいと思っただけの時点で探偵に浮気調査を頼むのは待ってください。

 

「疑わしい」だけでは、まだ浮気をしていない可能性も0ではありません。

 

その時点でお金をかけて浮気調査をしたところで、証拠が出てくる確率は低いかもしれません。

 

「疑わしい」だけで探偵に調査を依頼して潔白が証明されてしまった場合、お金がムダになります。

それどころか、調査に費用を使ってしまってことがパートナーに見つかると、あなたが責められることもあります。

 

実際に、家計の貯金を使って探偵調査をしてパートナーの潔白が証明された後、パートナーに貯金の浪費を責められてしまったということもあるそうです。

 

それで離婚・・・なんてことになったら本末転倒です。

なので、まずは自分でできる範囲で浮気調査してみましょう。

 

【探偵に頼む前に自分でできる、浮気の調査ポイント】・携帯電話のメールや着信履歴をこっそりチェックしてみる

・クレジットカードの使用履歴を見て、どこで使っているかをチェックしてみる
(高速道路のETCで利用されているのを見つけたことをきっかけに浮気が明るみに出たという事例もあるようです)

・友人、知人にさりげなく聞いてみる

・自宅や車で浮気をしている痕跡があるなら、疑わしい日に隠しカメラやICレコーダーなどを設置してみる

 

まだまだ考えればいろんな方法がありますが、ざっと挙げただけで「1人でできる確信探し」は、これだけあります。

重要なポイントはパートナーに気付かれないように行うこと。

気付かれてしまっては逆に責められることもあります。

 

 「クロ」だと確信した時の浮気調査・探偵事務所の選び方

探偵事務所選びは慎重に

こうした手段を用いて「クロ」だと確信したら、いよいよ探偵へ調査を依頼しましょう。

慰謝料や離婚の請求で最も重要とされるのは「言い逃れできない決定的な証拠写真」です。

言い逃れされてしまえば、相手の有責で離婚ができず協議離婚になってしまったり、浮気相手への慰謝料請求もできないまま終わってしまいます。

 

こうした写真を素人が1人で撮ろうとするのは、かなり無理があります。

いつもと違う行動をとって相手に気取られることもなきにしもあらずです。

なので、お金をかけてでも探偵に依頼して「言い逃れできない決定的な証拠写真」を手に入れましょう。

 

 

ほとんど価格の相場がないのが浮気調査の実態

探偵調査費用は安いものではありません。

しかし、慰謝料が取れる立場になれば、探偵調査費用を上乗せすることもできます。

 

探偵事務所によって異なりますが、クレジットカード払いや分割払いなどに対応している事務所もあるようです。

 

浮気調査の費用は、依頼する探偵事務所によって大きく異なります。

調査項目や状況が依頼人によって違うので、ほとんど費用の相場がないのが実態です。

目安として探偵1人1時間で1万円前後、それに加えてカメラ・車などの機材の使用料、もし飲食店やホテルに入る必要がある場合は、そこで利用した代金などが加算されるようです。

 

少しでも探偵費用を抑えるためには、「いつどこで会うパターンが多いか」といった情報を絞り込み、多くの情報を探偵事務所に伝えることが大事です。

 

また、「格安で浮気調査を行います」というような宣伝をしている探偵事務所も数ありますが、こういう探偵事務所は最初の見積もりを安く出し、後から「追加料金が××円かかります」というようなパターンで代金を請求してくることが多いようです。

 

なので、追加料金がかからないという事務所を選ぶのが大切です。

 

●原一探偵事務所

原一探偵事務所

 

こちらはクレジットカードや分割払いにも対応してくれ、「追加料金不要」、どのぐらい支払えばいいのかが先にわかるところも人気の理由のようです。

 

 

離婚を目前にお金がない!そんな時どうする?

浮気調査が終わっていよいよ離婚となれば、弁護士費用も必要となってきます。

もちろん、後から慰謝料で支払えばいいだけの話なのですが、「手元にお金がなくて弁護士が雇えない」と悩まれる人も多いようです。

 

探偵事務所と同様、クレジットカードや分割支払い、後払いに対応してくれている弁護士事務所も少なくありません。

そうしたところが見つからない場合は、ひとまずキャッシングで現金を用意して、後からパートナーに返済させるという方法もあります。

多少余裕をもって借り入れをしておけば、離婚協議中に新しい家を借りたり、新しい生活にも踏み出しやすくなりますね。

即日借り入れできる業者が増えているので、いくら費用がかかるかわかった時点で借り入れ申込というのもいいでしょう。

 

相手が有責である証拠さえつかめば、後はこちらのものです。

どんな態度を取られてもひるまず、毅然とした態度でいることが良い離婚をするためのコツかもしれません。