既婚者はキャッシング審査が通りやすい?結婚と借入条件の関係

既婚者のキャッシング

 「結婚をしている」ということは、多くの人にとって良いステータスですね。

結婚をしたということはその人に魅力があったということですし、家族を支えていける年収や家事能力があるということ。

会社や周囲から評価を受けるポイントのひとつですね。

 

社会的な信用が上がると、金銭的な信用も上がるだろうと多くの人は考えるでしょう。

しかし、融資を受ける際にはあまりよくは働きません。むしろ逆といってもいいかもしれません。

 

家庭持ちは出費が多い。返済能力が薄い?

結婚をすると、これまで自分のためだけに使えばよかったお金を、家族のために使わなければならないという場面が増えます。

もし共働きだった場合でも、子どもがいれば子どものための支出があります。

今子どもがいなくても、既婚であれば、いつ子どもができて大きな出費があるかわかりません。

そうなると、もしかすると返済が苦しくなるかもしれない。

 お金を貸す側はそういう見方をする場合もあります。

 

しかし、独身時代にキャッシングをしていて、しっかりと滞納せずに返済をしていたという実績があると、金銭的信用は上がります。

融資枠を広げて、むしろ業者のほうから借りて下さいという申し出を受けることだってあります。

つまり、独身者は金銭的な信用が薄いとも、一概には言えないということになります。

 

女性・高齢者も金銭的信用は高くない

女性はキャッシング難しい?

 「結婚すると金銭的信用が下がる」というのは腑に落ちないと思う人は多いでしょう。

しかし、同じような理由で以下に挙げる人も金銭的信用が低いと取られてしまいます。

ある意味、不公平ではないのです。

 

女性の場合は独身でも既婚でも、男性と比較して審査が通りにくいという実情があります。

女性は結婚しようがいまいが、いつ妊娠してしまうかわかりません。

妊娠・出産となると確実に出費が増えます。

さらに、その後しばらくは働けなくことがほぼ確定します。

シングルマザーの方などは生活が苦しい人が多いですが、残念ながら妊婦さんにはお金を貸してくれる消費者金融は少ないです。

 

また、結婚を機に仕事を辞めると、当然ですが収入がなくなります。

例え配偶者が養ってくれるとはいえ、借金の返済が確実に滞らないとは言い切れません。

配偶者の収入が高いというケースもありますが、それはまた別の審査です。

 

そうした面から、女性はキャッシングの審査に通りにくいのが現状です。

不平等な気もしますが、貸すも貸さないも向こうのさじ加減ですから、ここは文句の言いようがありません。

 

次に、高齢者の場合も審査が通りにくくなります。

高齢者の場合、現時点でいくら収入があっても、いつ病気になって働けなくなってしまうかわかりません。

実際に「69歳未満の方」というふうに、借入申込に年齢の上限を設けている業者がほとんどです。

まとめると「この先出費が膨らむ可能性がある」人は、金銭的信用は低くなってしまうのです。

逆を返せば、何度も触れているように「安定した収入がある人」「今後も見込める人」というのが、貸し手側にとっては良いお客さんになりうるということですね。