新生活費用を借りる。家電購入で足りない時はキャッシングで解決

家電 買い替え
今の時代、生活になくてはならないものの1つとして『家電』があります。

今ではスマホを持っている人も多くなり、テレビなどは必需品ではなくなってきましたが、冷蔵庫やエアコン、掃除機といった生活家電はなければ生活できません。

最近では、パソコンが必需品だという人も多いのではないでしょうか。

1度揃えてしまえば壊れるまで買い替える必要はあまりありませんが、その『1度』にかなりのお金がかかってしまいます。

初めて1人暮らしを始めようとする時にそれを痛感するはずです。

 

新生活にはいろいろとお金がかかるのに、さらに家電にお金をかけなければいけません。

がんばって貯金してはいたけれど、いざ新生活に1歩踏み出してみると手持ちのお金では足りなかった・・・という人もいるでしょう。

かと言って、家電のない生活を送るのはかなり辛いものがあります。いろいろとストレスの多い新生活で、家に帰っても家電がないせいでくつろげない・・・というのは厳しすぎます。

新生活でない場合でも、家電を買い替えや買い足しをしなければいけないシーンには人生で何度も出会います。

突然必要になったり、使っていたものが故障してしまったり、理由はさまざまです。

 

こういう時、「高いから」という理由で我慢するのはストレスになりますし、本当に必要な物であれば結局購入することになります。

家電にかけるお金を少しでも少なくするために、まずは『高クオリティの物でないと満足できない、または絶対に必要な家電』と、『そうでない家電』を分けてリスト化してみましょう。

例えば、

  • 「たくさん食料を買い溜めしておきたいから冷蔵庫は大きい物がいい」→高クオリティの物
  • 「家でも仕事をするからパソコンがないと生活できない」→絶対に必要な物
  • 「服は少ないから洗濯機はシンプルな物でいい。コインランドリーでもいいかと考えている」→そうでない物

といった感じです。

こうすることによって、お金をかけるべきところとそうでないところが明確になります。

キャッシングを利用して予算オーバー分を埋める

家電まとめ買い 予算オーバー
いざリスト化して予算を組んだところで、合計金額を確認してみましょう。

これが自分の予算範囲内であれば、万事解決です。

そのまま現金で購入すればいいでしょう。

これが自分の想定していた金額より高かった場合、多くの人は高クオリティの物を諦めて値段を下げようとします。

しかし、それでは満足することができずに、結局半年程度で買いなおすはめになった・・・という話は少なくありません。

 

最初に払った値段は多少なりとも抑えられたかもしれませんが、支出金額としては大きくなっています。

買いなおすまでの期間、不便な生活を強いられてしかも支出が増えるなんて、嬉しい話ではありません。

なので、予算オーバーした分は、キャッシングなどを利用してお金を用意した方が我慢するよりもいいでしょう。

定期的な収入がある人であればバイトでも10万円程度は簡単に借りることができます。

金利を支払わなければいけないデメリットを考えても、半年後に買い直すことを考えれば安く上がるでしょう。

 

キャッシングで10万円を借りても、月々の返済額はわずかです。生活を圧迫するほどのものではありません。

ボーナスが期待できる人は、月々の返済額を小さくしておいて、ボーナスで一括返済すれば更に毎月の負担を減らすことができます。

上手にキャッシングを利用して生活を豊かにすることで、無駄遣いをせずに済んだり、無駄なストレスを感じずに済んだりと、いろいろと恩恵を感じることができるでしょう。