引越し費用を借りる。急な転居でお金がない時の引越し代の抑え方

引越し代金が足りない時は

思いもよらぬ、全く予定していなかった引越しをしなくてはいけなくなった……。

  • 転勤
  • 結婚
  • 家族との別れ

こんな場合、何から始めていいのかわからず、お金もいくらかかるのかわからず、パニックになってしまいますね。

 

 

こういう時は、慌てず冷静になって「どんな準備が必要か」を考えることがとても大切です。

まずすることは、「荷物を選別すること」。

 すぐに引越し会社に見積もりを依頼してしまう人もいますが、これはNGです。

 

 

現在持っている物の中には、すでに使っていない物、わざわざもって行こうとまで思わない物、引越し先では必要のない物が含まれていることがあります。

こうした物を分けて、「必要な物がどれだけあるか」を確認しましょう。

 引っ越しにお金をかけないためには必須です。

もしかすると、キャリーバッグ1つに収まってしまうほどになり、引越し会社にお願いせずに済むかもしれません。

 

 

自分に必要な物がわかった時点で、引越し会社に代金見積もりをお願いしましょう。

最近は複数の引越し会社への見積もりが一度に取れるサービスもあり。

業者同士を競争させることで、値段を引き下げる交渉ができます。

 

 

しかし、見積もりを出した後、引越し会社に連絡を取って、再度料金確認をすることも必要です。

引越し会社によっては「予定時間を過ぎると+○万円」「思っていたより荷物が多かったから+○万円」といった風に、追加料金を請求してくるところもあります。

追加料金が発生する可能性はどのようなものか、どのような場合に追加料金が発生するかといったことを詳しく確認し、「最大いくらかかるか」を想定しておかなければいけません。

 

最安値だと思っていた会社が最安値ではない場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

 

値切っても安くならない時は、借入も検討

値切るにも限界がある

引越し代金は、どんなに安い会社を選んでも安くならない場合もあります。

  • 2月、3月の繁忙期
  • 県外への遠距離輸送
  • 日時指定

見積もりを出してみたはいいけれど、お金を用意することができない!という人もいるかもしれませんね。

大手の引越し会社は、値段は高くなってしまいますが、クレジットカード支払いに対応してくれていることがほとんどです。

どうしても手元に現金が用意できない場合、引越し代金は高くなってしまいますが、こうした大手引越し業者に頼むのも1つの手ではあります。

 

しかし、引越し先での新生活を考えて出費を抑えたい……と考えてしまいますね。

 

その場合、キャッシングを利用するのも1つの方法です。

キャッシングはある程度利息がついてしまいます。

しかし、大手の引越し業者を使った引越しは高額になるでしょう。

差額と金利を比較すると、キャッシングの方が安く済む場合もままあります。

 

 

また、引越し先でも何かとお金が必要になってくるでしょう。

家賃や礼金などの支払いが必要になったり、予想外に必要なものを買うこともありますね。

そんな時のために、少し余裕を持って借りておくと安心ですね。

 

 

即日融資可能な消費者金融を利用すれば、引っ越しやさんからの見積もりを受け取ってから申し込んでも間に合います。

新生活のスタートをスムースに切るためにも、検討してみてください。