キャッシング審査時に嘘の情報を登録するとどうなるか

キャッシング審査の時に嘘をつくとどうなるか?

 銀行や消費者金融で借り入れ審査をする際、さまざまな情報を入力しなければいけません。

名前から始まり、年齢や住所、現在の勤め先や勤続年数、他社からの借り入れなど、かなり細かく記入しなければいけないでしょう。

 

そして、書いているうちに「この情報を入力すると自分はお金を借りられないのではないか」という不安が芽生えることがあります。

 

  • 勤続年数が短い
  • 年収が低い
  • 他社借入が多い

 

その他にも現在の勤め先が世間におおっぴらに言いにくい職業である等、感じるところは個々によって異なるでしょう。

 

そう感じた時、ふと魔が差してしまうこともあるでしょう。

 「誤魔化せばいいんだ・・・」

よく思われたいとかんがえる気持ちはとてもわかります。

 

審査で嘘は必ずバレる

最近の貸金業者や銀行の審査はシステム化されています。

ほとんどの会社が、キャッシング申し込み者にパソコンなどで情報を入力をさせ、それを数値化することで審査をします。

この「対人ではなくなった」ということから、「システムだけで判断されるなら」と、安易に嘘を書く人が増えています。

 

この数値は会社によって独自の基準が設けられていますから、一概にどうなっていると断言することはできません。

しかし、上記のような条件は一般人から見ても金銭面で信用の低い人と取れるレベルの情報ですから、こうした情報がマイナスポイントにならないはずがありません。

本人もそれを自覚しているでしょう。

 

しかし、こうした嘘はほぼ100%明るみに出てしまうと思って間違いありません。

そして、明るみに出ると、それは信用情報機関に事故情報として登録されてしまいますので、当分はキャッシングやクレジットカードの審査が通らなくなってしまうでしょう。

 

 

なぜバレる?キャッシングでの虚偽申告

キャッシング申込時に嘘がバレるとその後の借り入れには不利になる

 なぜ明るみに出るのか?疑問に思う人も多いでしょう。

それは、システム審査の後にある「書類確認」です。

 

基本的にどこの会社でも、システムで数値化して「OK」か「NG」かを判断した後、「本当にOKなのか」を確実にするために確認書類の提出を本人に求めてきます。

また、信用情報機関にも問い合わせをするでしょう。

 

その結果、嘘であるということが明るみに出てしまうのです。

 

勤務先や年収は給料明細などの提出でわかりますし、現在の借金額や借り入れ件数は信用情報機関に全て登録されていますから、何も提出しなくても伝わってしまいます。

 

ここで注目したいのは「勤続年数」です。

多くの方は「勤続年数を証明する書類はない、調べようがない」と思われているようですが、会社員の方であれば健康保険証でわかってしまいます。

 健康保険証に書かれている「資格取得年月日」とは、その会社に就職した日です。

なので、ここから計算すると、現在その会社に勤続何年目なのかがわかってしまいます。

 

少額の融資を希望する場合であれば、勤続年数まで調べられない場合もあります。

しかし、嘘をついたことがわかってしまうと、一括返還を求められたり、事故情報として登録されてしまったりと、何もいいことはありません。