審査が甘いキャッシングは本当にある?消費者金融の内情に見る審査基準

 審査が甘いキャッシングには注意が必要

 どこでお金を借りようか・・・。

迷いながらインターネットを回遊していると、「審査が甘い」「極甘審査ファイナンス」などという言葉に出会うことがあります。

 「他社で審査に落ちた人も!」といったようなうたい文句で、他ではキャッシングできなくなったような顧客を集めます。

 

こうした貸金業者は、実際に存在しないわけではありません。

実際に、他社で審査を落ちた人でも、ブラックリストに載っている人でも、簡単にはキャッシングできないような人でも、融資してくれる会社は存在しています。

 

このような審査の甘い貸金業者の多くは、新規で事業を立ち上げた直後であったり、弱小であるがゆえにそうした顧客しかつかめない、というものでしょう。

貸金業者といえど「会社」ですから、客がいないと商売が成り立ちません。

そのため、こうした会社は多少強引なやり方でも顧客を集めようとします。

 

ちょっと店側の立場で考えてみますが、「ブラックだけど借りたい」という顧客をいくら集めても無駄であるように思えます。

 『他社が貸さなかった=他社はこの顧客がきちんと返済しないと踏んだ』ということです。

こうした顧客をつかんでも、貸し倒れが続けば会社は立ち行かなくなってしまいます。

ところが、審査が甘い会社は「借金返済を滞納した」という事実をある程度前向きに受け取ります。

そしてその結果、会社として営業を続けていくことができているのです。

 

その理由は、「一度返済を滞納し、滞納することの苦しさを知っているから、もう滞納しないだろう」という見方をするからです。

自己破産を経験しているといったよほど大きな事故情報を持っている人はこうした会社でも通りませんが、「延滞したことがある」「嘘の経歴を書いたことがある」程度の事故情報であれば、審査に通る可能性があります。

 

審査甘いとはどういうことか?

 

給料日前、どうしてもお金がなくてキャッシングを検討したいとき。これまでにキャッシングの経験がないと、審査に通るかどうか不安ですよね。

 

それとなく周りの人に話してみたら「そんなの審査が甘いところから借りればいい」とアドバイスをくれることがあります。

そのときは納得しても、よくよく考えていみたら審査が甘いってどういうことなのかよくわからない。

 

そんな人のために、審査が甘いというのはどういうことなのかについて説明します。

キャッシング審査のポイント

 

 

まずはキャッシングの審査では何をチェックされるのかについて知っておきましょう。

 

  • 本人の情報
  • 就いている仕事に関する情報
  • 住居に関する情報
  • 他社借入などの信用情報

 

本人の情報は年収や年齢、家族構成などをチェックされます。仕事に関しては会社勤めなのか、それとも自営業なのか。

会社勤めの場合は会社の規模や勤続年数を問われます。

 

他にも持ち家であるか、何年住んでいるのか。そして他社からの借り入れの有無や、その返済状況などを確認し、一定の条件を満たしていれば審査に通ることになります。

 

 

審査内容は金融機関によって違ってくる

 

上記の審査ポイントはどの金融機関においてもひと通りすべてチェックされるのですが、その項目の中でも、何を重視するのかということが金融機関によって多少変わってきます。

 

年収を重視する金融機関もあれば、勤続年数を重視する金融機関もあります。

実際はさらに複雑な審査方法があり、金融機関が独自に「この人なら貸しても大丈夫」と判断し、キャッシングの審査を通すことになります。

 

その審査基準の違いが、「審査が甘い」という判断につながります。ひとつの金融機関で通らなくても、他の金融機関で審査が通った場合、利用者の心理としては「この金融機関は審査が甘い」となってしまうわけです。

 

 

金利の差が審査の甘さにつながることがある

 

どこの金融機関もキャッシングの審査は行います。

ですので、どこも審査が甘いことは基本的にはありませんが、唯一審査が甘くなる基準があります。

 

それは金利が高いキャッシングです。

 

金融機関はお金を貸すときに、どれくらいの貸し倒れが発生するかを想定し、貸し倒れ率をある程度コントロールすることで利益を出しています。審査を甘くするということは、貸し倒れの可能性が高くなるのですが、その分を高い金利で補えば金融機関は損をすることはなくなります。

 

銀行系のキャッシングの審査が厳しいと言われているのは、金利が低いためです。低金利ですので、ほんの少しの貸し倒れも発生させたくありません。そのため厳しい審査を行うのです。

 

このように低金利のキャッシングは審査が厳しく、高金利のキャッシングは審査が甘くなるという傾向にあることを頭に入れておきましょう。

審査基準が違っても確実に審査が通らないケース

 

審査基準は金融機関によって変わりますが、どの金融機関でも「絶対に審査に通らない」というケースがあります。

 

それが「ブラックリスト入り」しているケースです。借金の延滞や債務整理の経歴から、信用情報に問題がある場合は、それぞれの審査基準に関係なく、審査落ちすることになります。

 

ブラックリスト入りしていると、どんなに審査が甘いとされる金融機関でも絶対にお金を貸してくれることはありません。この状態で貸してくれるのは違法な利子を請求されるヤミ金くらいです。

 

最近は携帯電話料金の未払いなどで、知らず知らずのうちにブラックリスト入りしているケースもあります。複数の金融機関で断られる場合は、審査が厳しいのではなく、ブラックリスト入りしている可能性がありますので、自分で信用情報の確認をするようにしましょう。

 

 

 

甘ければどれくらいの年収・属性の人が審査に通るのか?

 

それではいったいどれくらいの年収や属性の人なら審査に通るのでしょう。もちろん前提はブラックリスト入りしていないことです。

 

ブラックリスト入りしていなくて、単純に年収や属性が低いだけだとキャッシングはできないのか、それとも条件付きで借りれることがるのでしょうか。「最低これくらいの属性なら借りられるよ」そんなラインを探ってみましょう。

 

 

一定額なら収入に関係なく借りることができる

 

キャッシングは基本的に総量規制の対象になりますので、年収の1/3までしか借りることができません。ところが金融機関によっては収入証明書の提出無しで一定額まで借りることができるようになっています。

 

例えば、みずほ銀行のカードローンによるキャッシングの場合は、借入金が200万円まで収入証明書は不要になります。

他の銀行系のキャッシングでも100万円くらいまでは収入証明書が不要なケースが多いようです。

 

消費者金融系は借入金が50万円までなら、収入証明書が不要になるケースが多いようです。

 

消費者金融系と銀行系で金額が変わってくるのは、消費者金融系は総量規制の対象になり、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になるためです。

 

このため消費者金融系では50万円以上借りる場合、年収の1/3までが借りることができる基準になります。

 

キャッシングをするとき、「年収は借入の可否ではなく、借入限度額を決める要素のひとつになる」と覚えておきましょう。

 

キャッシング審査に通る属性とは?

 

 

キャッシングの場合、借入金額によっては年収を問われないことがありますが、前提としては仕事についているということです。

いくら審査が甘くても無職の人にお金を貸してくれる金融機関はありません。

 

安定した収入があるならアルバイトでもパートでも審査は通ることになります。

 

専業主婦の場合も、配偶者が仕事をしていれば無職という扱いにはなりませんので審査には通ることもあります。主婦がキャッシング可能であるかは、金融機関のサイトなどで確認するようにしましょう。

 

キャッシングの審査が通る最低基準は下記の2点になります。

 

  • 20歳以上である
  • 安定した仕事に就いている

 

審査の甘い金融機関であれば、20歳以上で安定した仕事に就いてさえいれば、総量規制の範囲内でお金を貸してくれることになります。ただし、これは「絶対に大丈夫」ということではありません。あくまでもひとつの目安と考えてください。

 

審査が厳しいと言われている銀行のキャッシングの場合は、年収が多くても、転職1年目のように勤続年数が少ないという理由で審査が通らないようなこともあります。

 

 

甘い審査で気をつけなければいけないこと

 

きちんとした金融機関は「必ず返してもらえう」人にしかお金を貸しませんが、世の中には「返せなくなるかもしれない」と分かっていながらお金を貸す人たちがいます。ヤミ金と呼ばれる人たちです。

 

どんな状態であってもヤミ金からお金を借りてはいけません。

ヤミ金の「審査が甘い」という誘い文句は、釣り針についた餌のようなものです。

 

 

気をつけたい甘い審査の特徴

 

「審査なし」「無審査」「多重債務者OK」このような誘い文句のキャッシングは、ほぼ100%ヤミ金になります。

審査をしない、審査は必ず通ると言われると、ついついそこから借りてしまいそうになりますが、世の中そんなにうまい話はありません。

 

ときどき大手の消費者金融が「金利ゼロ」などのキャンペーンなどをして、うまい話が実際に転がっていたりするのですが、それも長い目で見たら、金融機関の手のひらで踊らされていただけというケースがほとんどで、実際に得をすることはほとんどありません。

 

お金を借りたいときは藁にもすがる思いで、借りられる方法を探してしまいますが、お金を借りるときにすがった藁の先は泥船と決まっています。

このような広告やアピールをしてる金融機関からは借りないようにしましょう。

 

 

 

「審査が甘い」の口コミは信用できる?

 

インターネットで「キャッシングの審査が甘い金融機関」を調べると、いくつもの審査が甘い会社の情報が出てきます。

 

これらの口コミは大きく分けて2種類あります。キャッシングへの誘い込みのための口コミと、実際に利用した人の口コミです。

前者はあまり参考にならないことが多いのはなんとなく分かるかともいます。

 

ところが後者であっても情報を鵜呑みにすると「全然審査が甘くない」ということになりかねません。それぞれの口コミがどれくらい信用できるかについて見ていくとしましょう。

 

 

キャッシングへの誘いこみのための口コミ

 

ほとんどの口コミがこれにあたります。

検索してクリックしたら、キャッシングの広告や金融機関の紹介があるようなサイトですが、実はこれらのサイトの口コミは意外と信用できるものが多い傾向にあります。

 

以前はとにかく広告を利用してくれればいいというスタンスでしたが、最近はしっかりとした裏付けをとっていることも多い傾向にあります。

 

単純に「審査が甘い金融機関はここ!」のような煽り文句だけが入っている口コミは疑ってください。きちんとその理由などが述べられている場合は、信用できる口コミになります。

 

ただし、全面的に信用するのはもうひと手間かけてからにしましょう。審査が甘い理由が本当にあっているのかの確認です。例えば「主婦でもOK」と書かれているような場合は、実際にその金融機関のサイトで、主婦でも借りることができるのか、きちんと確認しましょう。

 

 

過去に利用した人の口コミ

 

実際に利用した人が「A社の審査に落ちたけど、B社の審査には通ったからB社の審査は甘いよ」と言っている口コミは正しいように見えますが、実はこれだけではB社の審査が甘いということにはなりません。

 

金融機関はそれぞれに審査基準を設けていますので、査定するときにどの属性を重視するかは金融機関によって変わってきます。

 

ある人はA社で審査に落ち、B社の審査に通ったとしても、別の人はB社で審査に落ち、A社の審査に通るということは決して珍しいことではありません。

 

利用した人の口コミを読むときは、自分の属性に近い条件の人なのかについて、チェックするようにしてください。

 

年収や勤続年数、他社からの借入などが自分と明らかに違う人の「審査が甘い」という言葉は、あなたにとっても同じように審査が甘くなるとは限りません。

特に属性がまったくわからない人の「審査が甘い」はまったく参考になりませんので注意してください。

ずっと審査が甘い貸金業者は存在しない

甘い審査はダメ

正規の金融機関であれば、ほぼどこの金融機関であっても審査はしっかりしています。

お金を返してもらえなければ金融機関は商売になりませんので、「必ず返してもらう」ために審査を行っているわけです。

属性であれば返済不可にならないかは、それぞれの金融機関のノウハウですので、明らかにされることはありませんし、そこで審査に差が出るのは事実です。

 

しかし、審査が甘い会社は決して多くありません。

また、最初は審査を甘くしていたとしても、予定していた程度の顧客が集まった後は他社の審査レベルに戻すということもあります。

つまり「ずっと審査が甘い貸金業者」は存在しないのです。

逆を返せば、いつ借りても審査が甘いという会社は、ヤミ金など近づいてはいけない会社なのです。

 

もちろん上記にあるように金利が高い金融機関ほど審査が甘くなる傾向にありますが、極端に審査が甘くなるわけではありません。

たくさんのお金(金利)を払うから審査を通しやすくしてね、という感じで審査の甘さをお金で買っているのだと考えてください。

 

審査が甘いという誘惑は、お金を借りる側にとってはとても魅力的です。ただし、本当に審査が甘い金融機関はほぼ間違いなくヤミ金のような悪質な金融機関になりますので、そのようなキャッシングは利用しないようにしましょう。

 

審査が甘いという口コミも、人によって当てはまるケースとそうでないケースがあります。他の人が大丈夫だったから自分も大丈夫というわけではありませんので、安易に金融機関を決めずに自分の属性に合った金融機関での審査を受けることをおすすめします。

 

ヤミ金でお金を借りてしまったら

ヤミ金でお金を借りてしまったら、そこからはあっという間に追い込まれて、借金の袋小路に追いやられます。とんでもない利息をつけて、返しても返しても借金が減らないどころか増えていく一方です。

返せなくなるとこんどは執拗な取立てが始まります。ついつい審査が甘いなんて言葉に乗ってしまったがために、毎日ゆっくり眠ることができないほどに追い込まれることもあります。

厳し取り立てが始まったら、するべきことは2つです。

  • 取り立てに来たら警察に助けを求める
  • 弁護士に相談する

家にまで取り立てに来るようになったら、身の安全を守る必要があります。とはいえ相手は取り立てのプロですから、あの手この手でプレシャーをかけてきます。普通の人が応対することはほぼ不可能ですので、まずは警察に助けを求めて一時的であっても猶予を作りましょう。

そのあとはヤミ金の対応をしてくれる弁護士に相談してください。

弁護士に相談し、ヤミ金からの借金返済の問題解決を依頼すれば、ヤミ金は以後の取り立てをしてこなくなります。ヤミ金も違法なことをしているのを自覚していますので、弁護士が出てきたら勝ち目がないことを理解しています。

大事なのは甘い言葉に騙されて、正規の金融機関以外からお金を借りないこと。そして、もし間違ってヤミ金からお金を借りて、返済が難しくなったときは、専門家である弁護士に相談するようにしてください。

闇金からは何があっても借りないと心に誓う

ヤミ金融の場合、非常に審査が甘いです。

どんな相手であろうが、貸した分以上のお金を回収する自信があるからそうなります。

むしろ、事故情報を持っている人間はいいカモとも言えるでしょう。

 

自己破産をすると政府発行の『官報』に名前が掲載されます。

一般人はほとんど官報を読む機会はありませんので、官報に載る事自体さほどデメリットではないのですが、違法な金融業者は官報に載った人を狙って、融資を持ちかけてきます。

 事故情報に載った人はどこからも借りる事ができないのを知っているからです。

 

もちろん、そんな誘いには乗ってはいけません。

「どこの審査も通らなくなってしまった」という場合、審査に甘い貸金業者を探すのではなく、その時点でキャッシングをやめるというのは、新たなトラブルを生まない最善策でしょう。