家賃の更新料、退去費が支払えない場合の乗り切り方

家賃の更新料 払えない

住宅にかかるお金、すごく多いですよね。

毎月の家賃はもちろんのこと、数年毎に支払わなければいけない更新料まであります。

毎月家賃を支払っているのに、何で更新料まで!?と思いながらも、支払わなければ住ませてもらえません。

腑に落ちない気持ちを抱えながらも、仕方なく更新料を支払っている、という人は多いのではないでしょうか。

 

更新料は、大体2年ごとに払わなければいけないケースがほとんどです。

更新料を支払うことで「部屋の再契約を結ぶ」という形になり、契約が更新されて済み続けることができるようになります。

たまに、「更新料は支払わなくても良い」なんてネット情報を目にすることがありますが、これを鵜呑みにしてはいけません。

1番正しい情報は、その部屋を契約した時の契約書です。

その契約書に『○年毎に○万円の更新料が必要』と書かれていたら、その契約を守らなければならないのです。

この更新料金、決してお安くありません。

相場は家賃の1~2ヶ月分と言われています。

もし家賃の1ヶ月分だったとしたら、更新月はいつもの2倍のお家賃を支払わなければならないことになります。

よくあるケースが、「更新月を忘れていて、お金を用意していなかった」というケースです。

手元に貯金があればそれで支払えますが、もしないとどうして支払えばいいのでしょうか。

 

 

更新料を支払えないから引っ越す?なら、退去費用がかかる!

退去費用 払えない
更新料を支払えないから、今よりも家賃の安い、更新料のかからない賃貸(UR住宅だと基本的に更新料が必要ありません)に引っ越そう・・・と思うと、今度は退去費用に悩まされることもしばしば見られるケースです。

基本的に退去費用は入居時に支払った敷金からハウスクリーニング代金を差し引いた料金になるのですが・・・。

最近の賃貸物件では『敷金』を取っていないところがとても多いんです。

敷金は0円にして礼金を多めに取ることで、入居時に支払ったお金をまるごと懐に収める仕組みにしてあるのです。

なので、ハウスクリーニング代として数万円、お金を取られる場合がよくあります。

特にたばこを吸っている人であれば、壁紙が全面的に汚れてしまっていますので、多めのクリーニング代を取られるのではないでしょうか。

こうした代金は、一般的な家庭であれば20万円以内で収まることがほとんどでしょう。

 

このぐらいの金額であれば、ほとんどの人が消費者金融からキャッシングできる金額です。

専業主婦や無職だと難しいかもしれませんが、アルバイトでも定期的な収入があれば借り入れできる可能性があります。

どうしても支払わなければいけない状況に陥ってしまった時は、消費者金融でお金を借りてその場を凌ぐのもいいかもしれません。

その程度の金額であれば、計画的に返済すれば、すぐに返済することができるでしょう。