夫の給料安い。突然の出費でお金が足りない時、どうする?

夫の給料が安い 突然の出費

夫の給料が安いことで頭を悩ませている奥さん、多いですよね。

子どもがいなかったり、子どもが成長して手が離せるようになれば奥さんがパートに出ることもできますが、それまではそうもいきませんね。

「保育園に預ければ?」

なんて気軽に言う人もいますが、これも実際に検討してみた奥さんであればわかっていただけるでしょうが、現実的な話ではありませんよね。

保育園に預けるために5~8万円ほどかかってしまうのが現実です。

 

しかも「それだけ払うから働かせて!」と願っても、どこの保育園もいっぱいでなかなか預かってもらえないという話はよく聞かれる話です。

こうしたことから、夫の給料が少ないからといって、奥さんが育児をしながら働きに出るということは現実的ではないのです。

普段はそのお給料でやりくりをしていても、突然お金がかかる場面に直面することがあります。

友人の結婚式に誘われたり、誰かが亡くなってお葬式に参列することになったり・・・

こんな時にお金のことを考えるべきではないのかもしれませんが、本当に困っている人からすれば切実な問題です。

 

でも、「お金がないから」では済まされないシーンがある・・・。

こんな時、あなたならどうしますか?

 

キャッシングなら誰にも迷惑をかけずに問題をクリア

夫の給料 安い 突然の出費
1番誰にも迷惑をかけずに問題を解決できる手段は、やはりキャッシングでお金を借りてしまうことです。

家族や友人からお金を借りると、どうしても関係に影響が出てしまいます。

せっかく仲が良かったのに、会う度に「お金、いつ返してくれるの?」「遊ぶお金があるなら返してよ」なんて催促されるようになってしまったら、もう気軽に会うことはできなくなってしまいます。

確かに家族や友人からお金を借りるということは、金利や返済期限がありません。

 

でも、それ以上に支払う対価が大きいことに、実際に借りてから初めて気付きます。

なので、例え金利がかかってしまったとしても、キャッシングでお金を借りることが最も手っ取り早く、自分の生活に影響を与えることなく問題を解決できるのです。

最近のキャッシングは、毎月少しずつ返済をしていくことが可能です。

 

なので、お給料の中から少しずつ返済していくようにすれば問題なく返済を完了させることができるでしょう。

ただし、「困った時はすぐキャッシング」というクセをつけてしまうと、いつか返済できなくなってしまう日がきます。

返済できるだけの金額を計算してキャッシングし、どうしても足りない分は、誘いを断ったり、生活費を切り詰める等してお金を用意する努力が必要になってくるでしょう。