即日で審査完了の条件。準備不足で「今日中に借りれない」がないために

準備を怠ると即日審査完了できない場合もある

 即日融資、最短即日という宣伝文句に惹かれて、借り入れを申し込んだら、想定外に審査に時間がかってしまい、その日のうちに借りれなかったということもなくはありません。

「即日借りれる!って書いてあるじゃないか」と文句をいう人もいるかもしれませんが、ほぼ全ての貸金業者のホームページには「審査状況によっては即日借り入れはできない場合があります」という趣旨の内容が書かれています。

 

また、審査に時間がかかる、スムーズに行かないというのは99%借主側の事情で、業者側の理由というのはほぼありえません。

逆にいえば、審査がスムーズに行われるための事前準備をしっかりしておけば、今日中に借りれなかった!と落ち込む必要はなくなります。

50万円以上借りたいかそうでないかが準備の分かれ目

高額借り入れ希望の場合は源泉徴収票などの収入証明が必要

 まず絶対に必要なものは身分証明書です。

免許証を持っていない人は、健康保険証などを予め用意しておきましょう。

 

金額によって必要な準備物が異なってきます。

例外もありますが、消費者金融であればたいていの場合50万円以上の借り入れ希望の場合は、収入証明書が必要です。

サラリーマンであれば、源泉徴収票、自営業であれば、確定申告書の写しにあたります。

小さな会社であれば、源泉徴収票は急ぎであることを頼めば、その日のうちに発行してくれるでしょう。

でも、例えば総務機能がない営業所や、本部で証明書関係を一括して取り仕切っている会社などは、申請してから源泉徴収票を実際に手にするまでにタイムラグがあるので、要注意です。

 

また、アルバイトなどで勤務年数が浅い場合は、直近2,3ヶ月分の給与証明書を取り寄せることになります。

所定のフォーマットがあるところはよいですが、小さな事業所になれば所定の書式を持っていないところもあるので、意外に時間がかかります。

 

収入証明不要で50万円以上借りれるところはどこ?

50万円以上借りるならどこがおすすめ?

 逆に、収入証明書類が間に合わないとわかったら、借り入れ希望額を下げるか、50万円以上でも収入証明不要で申請できるところを探すかという2択になります。

銀行カードローンは消費者金融に比べて収入証明書なしで借りれる上限額が大きい傾向があります。

この金額は収入証明書の提出がなく、審査申し込みができるというだけです。

 審査は消費者金融に比べてやや厳し目ですので、必ずしも銀行カードローンが優れているわけではありません。

 

借り入れ状況は必ず把握しておく

たまに他社の借り入れ状況がわからないという人がいます。

他社状況は、借り入れ審査で正確に申告しないといけないので、普段からきっちり把握しておいたほうがよいでしょう。

最近では、スマホで借り入れ申込ができるようになったので、家に帰ればわかるんだけど、外出先だから今はわからないということがないようにしたいですね。