出産費用が払えない。切迫早産、緊急帝王切開など出産一時金で足りない場合

出産費用のもらいかた

 出産費用は普通分娩で、予定通り赤ちゃんが生まれて来た場合は、高額な個人病院や個室を利用しない限り、加入の健康保険から支払われる「出産一時金:42万円」で賄うことができます。

ただ、妊婦さんの4人に1人は予定外のことで緊急手術が必要になり、手術費用が上乗せされて請求される場合があります。

そうなると、公立病院などで出産した場合でも出産一時金では全額賄えない場合もあります。

支払いが心配になるママさんもいるかと思いますが、公的制度を利用することで、自己負担を最小限に圧縮することができます。

その様々な制度について紹介したいと思います。
(注目)
【出産費用に使える】女性に人気のカードローンはこちら

 

出産一時金のおさらい

様々な制度を紹介する前に、基本となる「出産一時金」のおさらいをしておきましょう。

妊娠4ヵ月(85日)以上の方が出産したときは、一児につき42万円出産育児一時金が支給されます。

通常は病院がママさん本人に代わって健康保険に請求してくれます。

(請求の書類を書くようにだけ求められます)

そしてそのまま病院の支払いに充てられるので、本人は現金を手にすることは少ないです。

ただし、平日の日中に公立病院で出産し、産後も大部屋で過ごしたという方などは、42万円以内で収まる可能性も大きいです。

その場合は、支払いを済ませたあとに余った分の給付金はママさん本人が受け取ることができます。

以下は、出産一時金で収まらない場合の資金準備について紹介します。

 

出産一時金で収まらない場合の資金準備

1)高額療養費の利用

医療費のページで詳しく紹介しましたが、自己負担額が一定額を超えた場合、所属の健康保険に請求すれば、超えた分だけ給付が受けられる制度です。

 非課税世帯などの低所得者と、月給53万円以上の高額所得者以外の多くの方は80,000円あまりが自己負担額の上限になります。

(正確な計算式は複雑なため「あまり」としています)

万一この金額を上回った場合は、病院に申請をすると、病院側から健康保険に請求が回り、約3ヶ月後に上限を超えて支払った費用が給付されます。

妊娠・出産にともなう高額医療費が適用される内容は早産・流産、帝王切開などを含む、以下のとおりです

 

【帝王切開の他に妊娠・出産で保険が適応されるケース】

  • つわり(重症妊娠悪阻)
  • 流産・早産
  • 子宮頸管無力症
  • 妊娠高血圧症候群
  • 逆子・前置胎盤の超音波検査
  • 児頭骨盤不均衡の疑いでのX線撮影
  • 微弱陣痛などで陣痛促進剤を使用
  • 止血のための点滴
  • 赤ちゃんの新生児集中治療室への入院 など

2)  確定申告すれば戻ってくる「高額医療費控除」

1世帯あたりの医療費が10万円を超えた際に、確定申告すれば、10万円を超えた分だけ所得から控除されるという制度です。

「1世帯」が対象なので、ママさん本人が働いておらず、収入がなくても、旦那さんの収入から控除してもらうことができます。

そしてこの制度、「医療費」という名前ですが、実は控除対象となる費用は幅が広いです。

  • 妊娠中の定期健診費用と通院費用
  • 分娩・入院費用
  • 出産・入院に使ったタクシー代・駐車場代
  • 治療に必要な薬の代金

 

特に交通費が控除対象となることを知らない方は多いです。

バスや電車などで通院した場合は、領収書が出ませんので、家計簿などにメモしておくとそれでOKです。

 

認められないものもたくさんありますが、簡単にいうと「日用品・消耗品」の類です。

赤ちゃんのオムツ・ミルクや栄養補給に飲んだサプリメント。

あと、交通費でも里帰りして出産した際の交通費は含まれません。

 

控除対象については、ネット上にもいろいろ書かれていますが、一番確実なのは、税務署が空いている時期(1月から4月以外)に質問に行くことです。

産休中のママさんならもっと使える制度も

産休中の女性の出産費用

 以上は、健康保険の扶養に入っていれば誰でも活用出来る制度ですが、産休中のママさんであれば、自分が加入している健康保険から傷病手当金を受けられます。

切迫早産や重症のつわり、流産などが対象になりますが、これは旦那さんの扶養に入っている場合は受けられません。

 

出産費用だけではなく、出産後の費用も考えて

出産にお金がかかるイメージがありますが、先に紹介した制度を活用すれば、出産そのものにかかる自己負担額はさほど大きくありません。

定期健診も予定の回数であれば、初診を除いて給付チケットで賄うことができます。

 

それよりも赤ちゃんが生まれてからのほうが断然お金がかかります。

ベッドやベビーカー、チャイルドシートなど大きなものだけでなく、おむつ・おしりふきなど毎日必要なものがたくさんでてきます。

 

出産費用がない、払えないという場合は、赤ちゃんが無事生まれてからの生活費にも困るケースが多々あるので、出産後の費用を蓄えておくことはとても、出産費用を用意するよりも重要なことですね。