住宅ローンが今月だけ支払えない時に便利なキャッシング

住宅ローン 払えない
マイホームを持っているほとんどの人が、住宅ローンを組んで家を購入しているでしょう。

1軒何千万円とする買い物ですから、なかなか一括で支払えません。

30~35年かけて毎月支払いを続けていくスタイルがベーシックなスタイルではないでしょうか。

それだけの長い年月の間、全くお金に困ることなくコンスタントにお金を支払うことができている人は、どれぐらいいるのでしょうか。

恐らく、ほとんどの人が「住宅ローンの支払いがキツい」と感じたことがあるでしょう。

中には、「住宅ローンを支払ってしまったら、もう生活するお金が残らない!」という状況に陥った人もいるでしょう。

そして、今現在そう思っている人も少なくないのではないでしょうか。

こういう場面に陥ってしまった時、どのように対処するべきでしょうか。

 

もし家を売却した時の値段がローンの残債を超えている場合であれば、任意売却するという手段もあります。

家を失うことにはなりますが、もし家の売却値がローンの残債を超えている場合、家のローンを支払ってもお金が残るということもあります。

このお金で一からやり直す・・・というのも1つの手段です。

しかし、多くの人が「家を手放したくない」と考えているでしょう。

お金がないのに手放したくない。こんな時、どうすればいいのでしょうか。

「今月だけ」ならキャッシングで支払うのがスムーズ

今月だけ住宅ローンが払えない
「今月だけ出費がかさんだから、今月だけない」という状態であれば、キャッシングを利用して支払ってしまうのは最も手間が少なく、手っ取り早い方法です。

「住宅ローン 支払えない」と検索すると、銀行の窓口で相談するといった手段の解説も出てきますが、これをしてしまうことによって今後の住宅ローン支払いに影響が出る可能性があります。

なので、「今月だけ」なら、わざわざ相談せず、キャッシングして支払ってしまう方が条件の変動がなくスムーズなんです。

たまに「すでに住宅ローンで借金額が総量規制を超えているから、これ以上お金を借りることができない」と考えている人がいますが、これは間違いです。

住宅ローンのお金を貸し出しているのは銀行で、銀行から借りているお金は総量規制の対象外なのです。

なので、簡単にお金を借りることができます。

総量規制とは、貸金業法で定められた法律で、簡単に言うと年収の1/3以上は借りられないという法律です。

詳しくはこちらのページも参考にしてください。

総量規制対象外のカードローンが人気。その理由と借りる際の注意点

 

住宅ローンの審査に通っているほどの年収を稼いでいるのであれば、ひと月分の住宅ローン支払い代金ぐらいを借り入れするのは容易なことでしょう。

銀行のカードローンという手段もありますが、すでに銀行から住宅ローンを借り入れしている状態では審査に通りにくくなっています。

「審査を申し込むだけならタダ」と思う人もいるかもしれませんが、「審査に落ちた」というデータが残ってしまうことになります。スムーズに事を運ぶためにも、消費者金融系のキャッシングの方が良いでしょう。

 

消費者金融系のキャッシングであれば、銀行の住宅ローン融資とは別枠ですので、問題なく借りることができます。

早いところであれば、申し込んだその日に借り入れすることもできるでしょう。

また、「実は住宅ローンのお金を使い込んでしまって、何とか家族に内緒で補填しておきたい・・・」なんて人も、消費者金融のキャッシングであればそれが叶います。

家族に内緒で借り入れすることができるのです。

月々の返済額を調整して返済していけば、それ以降の生活に困ることもないでしょう。