ライブ遠征費が足りない。宿泊費と交通費を削ってもお金がない時

ライブ代が高い

 

バンドやアイドルを追っかけている人、最近増えてきていますね。

大人気のアイドルグループやマイナーなインディーズバンド。

ここ数年は、声優が出演するライブやアニメ系イベントも人気が高まってきています。

数多の「スター」が日本各地に存在しています。

グループの数だけでもこんなにも多いのに、ファンの数を考えると……もう数えきれませんね。

こうした「追っかけファン」にとって、遠征費用は切実なものです。

 

全国ツアーは遠い話だとしても、東京・大阪・愛知(名古屋)。

この3ヶ所でライブツアーを行うグループはとても多いです。

本州に住んでいる人であればまだマシですが、九州や北海道、沖縄といった少し離れた場所ならさらに大変です。

 

例えば、大阪→愛知→東京の順だとします。

まず大阪へ、1万円~3万円程度。

そこから愛知へ移動、1万円程度。

そこから東京へ移動、1万円程度。

そして帰路、1万円~3万円程度。

……となると移動費だけで1番安く見積もっても4万円かかります。

北海道や沖縄在住の人は、それの倍は軽くかかるのではないでしょうか。

 

そこに宿泊費用・ライブ費用・飲食費・グッズ費用などを合わせると、とんでもない金額になりますね。

 

少しでも安くあげようとするのであれば、1番削りやすいのは交通費と宿泊費です。

 

宿泊費と交通費をいかに安くあげるか

宿泊費を安くする

まず交通費。

最近流行りのLCC航空やパックツアーを使えば、交通費を節約することができます。

しかし、お盆休みや年末年始といった繁盛期はあまりやすくなりません。

その時々で1番安い交通機関を選びましょう。

 

そして宿泊代。

1番お金をかけないで済ませようと思えば、マンガ喫茶やネットカフェといった手段があります。

しかし、こうしたところは防犯が甘いので、置き引きなどの不安が付きまといます。

しっかりと睡眠をとることもできませんから、あまりおすすめできる場所ではありません。

 

そうなると、次に安い宿泊場所は宿泊施設のついたサウナやカプセルホテル。

こうした場所は、仮眠室でもしっかりとリクライニングのついた広めのソファや簡易ベッドなどでしっかりと睡眠を取ることができます。

こうした施設を利用して、なるべく安く済ませれば、1~2万円の節約になるのではないでしょうか。

 

それでも足りない時は借入の利用も

しかし、「それでも遠征費用が足りない」という時もあります。

諦めればいいと言われればそれまでですが、これまでお金を費やしてきたグループの楽しみにしていたライブ。

そう簡単に諦めはつきません。

 

そんな時は、うまくキャッシングを利用するのも1つの手段です。

年収200万円程度のアルバイトの人でも、審査に通ればお金を借りることができます。

それぐらいの年収であれば、大体10~20万円程度借りられるのが相場です。

 

どうしても見逃したくないライブツアーやイベント。計画的に返済すれば、生活に支障を来たすことなく楽しむことができるでしょう。