ブラックリストにいつ載る?借金延滞で事故情報として掲載されるタイミングは?

ブラックリストに事故情報が掲載されるタイミングは?

「ブラックリストに掲載されると、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりができなくなる」

こういった話は一度は誰でも耳にしたことがありますよね。

 

でも、実際に「ブラックリスト」というものは存在していません。

俗に「ブラックリスト」と呼ばれているものは、「信用情報機関に事故情報が登録されている」状態のことを指します。

では、この「事故情報」。どういったタイミングで登録されてしまうのでしょうか。

また一旦掲載された情報はいつまで残るのかというのも気になるところです。

 

 

ブラックリストに掲載されるタイミングと掲載期間

ブラックリストに載るタイミングはいつ?

 まず、自己破産を含む債務整理をすると、必ずその情報が事故情報として登録されます。

 掲載期間も5年とかなり長いものになります。

「お金を借りておきながら、返さなくなる」ということが、信用を重んじる金融業界にとって、それだけ重大なことなのです。

ただ、自己破産を過去にした人からは、5年経ってもクレジットカードが作れなかったということを聞くことがあります。

建前上は5年という掲載期間ですが、金融機関の審査はその会社独自のものなので、信用情報機関とは別の審査を設けているのかもしれません。

 

誰でもブラックリストに載る可能性がある「滞納」「遅延」

債務整理などは自分に関係ないと思っている人でも、事故情報として掲載される可能性ははらんでいます。

借りたお金の入金が3ヶ月以上遅れると「滞納」とみなされ事故情報として扱われます。

学生支援機構の奨学金などもこれに該当します。

理屈としては、1度や2度はうっかりもあるけど、3回目は確信犯だとみなされるというわけです。

1回、2回の遅延が原因で例えば住宅ローンの審査に通らなくなることはありません。

ちなみに3ヶ月以上の場合、事前に「遅れます」という連絡を支払い先に入れていたとしても、延滞とみなされ、事故情報が掲載されます。

 

連絡をしたところで延滞の情報が信用情報機関に登録されてしまうことに変わりはありませんが、金融業者からすると「お金を返すつもりがある」という意思を確認できますので、その後の対応が変化してきます。

なので、連絡がムダではありません。

新たな返済期日を設定してもらうことができ、それまでに返済をすればしつこい返済の催促の電話や封書から免れることができるでしょう。

 

返済期限は一度変えたら絶対に守る

一度決めた返済期日は必ず守る

 ここで注意したいのは、その場しのぎで嘘をついてはいけないとうことです。

「必ず3日後」

そう決めたら何があっても3日後には返済します。

新たに設定してもらう返済期日は、貸金業者とあなたの間で話し合った結果の「あなたが返済できる期日」です。

これを無視してしまうと、かなり心証が悪くなり、今後は柔軟な対応をしてもらえなくなってしまうでしょう。