キャッシングしてでも子どもに妖怪ウォッチを買ってあげるメリット

妖怪ウォッチ 子どもが欲しがって困る
今、大人気の妖怪ウォッチ。お子様がいらっしゃる人で知らないという人はいないのではないでしょうか。

今や子どもだけでなく大人にまで大人気のNintendo3DSのゲームです。

最初はゲームだけでしたが、テレビアニメも放映されるようになり更に人気は過熱。いろんなおもちゃが販売されるようになりました。

このゲームは妖怪を集めてバトルをさせるゲームです。今の親世代で言うとポケットモンスターが1番近いゲームではないでしょうか。

ポケットモンスターが流行り始めた時代であれば「持っていれば自慢できる」「持っている友達同士で楽しく遊ぶことができる」といったものでした。

ところが、今の子どもたちにとって、ゲームは重要な『コミュニケーションツール』です。

今の親世代にとっては信じられないかもしれません。

しかし、私たちの親世代に携帯メールでのコミュニケーションを受け入れにくい人が多いのと同じなのです。

親世代にとっての携帯メールが、今の子どもたちにとって妖怪ウォッチなんです。

今の子どもにとってゲームはコミュニケーションツール

子どもにゲーム 必要
ゲームは安いものではありません。

最初にゲームソフトとNintendo3DS本体を購入しなければいけません。

これだけでも2万円を超えるぐらいのお金がかかってしまいます。

生活費でギリギリの生活をしていると、これだけのお金を捻出するのはなかなか難しいでしょう。

しかし、だからと言って「うちは貧乏だから買えないの」で済ませるのは、子どもにとって酷かもしれません。

2万円ぐらいのお金であれば、定期的に収入のある人であれば、ほとんどの人がキャッシングすることができる金額です。

返済は分割払いもできますから、このように資金を用意して購入してあげた方がいいでしょう。

上にも書いた通り、ゲームの通信機能が発達した現在、ゲームはただのゲームではなくコミュニケーションツールの1つなのです。

ゲームを持っていなかったがために友達作りがうまくできなかった、孤立してしまったという話は珍しい話ではありません。

「ゲームを通じなければ仲良くなれない友達なんて友達じゃない」と言う時代は終わりました。

こうしたコミュニケーションツールを通じて共通の話題を楽しむのが今の子どもたちの友達の作り方なのです。

大げさかと思われるかもしれませんが、この孤立がきっかけでいじめに遭ってしまったり、物事を斜に構えた見方をするようになってしまうことも少なくありません。

こうなってしまわない投資と考えれば、この金額は高くないのではないでしょうか。