アプリで課金したお金が払えない。スマホゲーム代の請求はキャッシングで払う

ゲーム 課金 払えない
今の時代、誰もが何か1つは『お気に入りのスマホゲームアプリ』を持っているのではないでしょうか。

例えば、最近であればクラッシュオブクランズが大人気ですね。柴咲コウさんと柳楽優弥さんのCMや広告を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

東京にお住まいであれば、電車の広告が全てクラッシュオブクランズになっているのを見た人も多いでしょう。

それだけでなく、パズル&ドラゴンズ(パスドラ)やラブライブ!など、話題になったスマホゲームアプリは数存在しています。

スマホアプリゲームではありませんが、艦隊これくしょん(艦これ)や刀剣乱舞(とうらぶ)といったブラウザゲームも人気を博しています。

これらのゲームは、基本的に無料で遊ぶことができるので、ゲームを開始するまでの敷居があまり高くありません。気軽に始める人も多いでしょう。

しかし、ゲームを進めるにつれて・・・

 

「有料アイテムを購入すればラクにステージクリアできる」

「お金を払えばレベル上げがラクになる」

 

といった風に、ゲーム側が課金を促してくるようになります。

ここで思わず課金してしまい、うっかり『課金のすばらしさ』にハマり、うっかり課金をしすぎてしまった・・・なんてことはありませんか?

支払い料金を見て、驚いたことのある人も少なくないのではないでしょうか。

キャッシングは支払えない時の救世主!ゲームアカウントを守ろう

ゲーム 課金しすぎた時
もし「払いすぎた!支払えない!」と思っても、課金したお金は返金されません。

異本的に通信販売にはクーリングオフが利用できませんので、こうした制度を利用して返金を求めることもできません。

つまり、一度課金してしまったら支払うしかないのです。

 

携帯電話会社やゲームの運営会社に分割払いなどを申し入れても聞いてはもらえないでしょう。

支払えないのであればゲームアカウントの停止・・・という手段を取られてしまうかもしれません。

せっかく課金してまで育てたアカウントを停止されてしまうのはやはり辛いですよね。

 

なので、もし支払えない金額の支払い請求が来てしまった場合、キャッシングでお金を用意して支払ってしまうのが最善策と言えるでしょう。

キャッシングでお金を借りることに抵抗がある人が多いかもしれません。しかし、近年、貸金業法の改正により、消費者金融でのキャッシングは非常に使いやすいものとなりました。

金利はクレジットカードのキャッシング枠よりも安く設定されていることもありますし、違法な取立てなどもありません。

困った時は活用してみてはいかがでしょうか。