お小遣い少ない。増やしてほしいのに妻がパートに出てくれない。

お小遣いが少ない 夫

あなたの家は、お小遣い制ですか?

最近ではいろんなスタイルの夫婦が増えているようですが、やはり基本的に家計は妻が握っている場合が多いようです。

そして、夫は自由に使っていいお金を「お小遣い」としてもらっている・・・このパターンがほとんどの夫婦に当てはまるのではないでしょうか。

この「お小遣い」の金額は、夫と妻の稼ぎを合わせて生活費を算出し、その余剰金の金額で決定しているところがほとんどです。

全て使ってしまっては、貯金ができませんから、余剰金の一部をお小遣いとしている過程が多いようです。

このお小遣いの金額が「少ない!」と嘆いている方はかなりの数いらっしゃるようです。

30代以下の4人に3人が30,000円以下のお小遣いでひと月を過ごしているという調査結果も出ています。

ひと月30,000円だと、飲み会もある程度自粛しなければいけません。

昼ごはんをそっけないものになってしまいます。

お小遣いを増やすために妻に相談してみても「今の稼ぎじゃこれ以上は無理」。

「じゃあ、パートに出たら?」と打診してみても「家事育児がこんなに大変なのに、更に仕事を増やそうとするなんて!」とケンカに発展してしまいます。

普段は何とかその金額でやりくりしていても、どうしてもお金が足りなくなる月が出てきてしまいます。

そんな時、あなたはどうしますか?

 

お小遣いの臨時値上げか、キャッシングか。

小遣い 値上げ
最初に思い浮かぶ手段といえば、やはり「お小遣いの臨時値上げ」でしょう。手っ取り早い方法です。

しかし、そんな話を打診して、妻の機嫌が悪くならない自信がある人のみこの手段を取りましょう。

お金のこととなると、目の色が変わる奥様もいらっしゃいます。

これは家計を守ることなので仕方のないことなのですが、一度打診してしまったが最後、「だったらもっと稼いできてよ」なんて、しばらくねちねち言われ続けることでしょう。

そんな事態を避けたいのであれば、キャッシングでお金を借りるという手段もあります。

今のキャッシングはネット完結だったり、郵送物なしで申し込めたりと、家族にバレないように借りることのできるシステムが整っています。

なので、奥様ともめることなく、臨時の出費に対応することができます。

審査はあなた自身の年収で行うことができますから、収入証明書等をきっちり提出すれば、それなりにまとまった金額を借りることができるでしょう。

しかし、「借りられるだけ借りる」なんてことをすると、返済が大変です。

奥様にキャッシングを隠し続けるには、お小遣いの中から返済をする必要がありますから、毎月いくらずつ返済していくかといったプランを考えて、それに合った金額だけを借りることにしましょう。

そうして少しずつでも返済していけば、また必要になった時にカンタンにキャッシングをすることができます。

臨時出費の心強い味方になってくれるでしょう。